R2.9.27 オープンチャーチ

「題」 「神様がなされる不思議」
聖書の箇所 「創世記24章50~51節」
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
24:50 ラバンとベトエルは答えて言った、「この事は主から出たことですから、わたしどもはあなたによしあしを言うことができません。
24:51 リベカがここにおりますから連れて行って、主が言われたように、あなたの主人の子の妻にしてください」。

1、主から出た出来事
50 節「ラバンとベトエルは答えて言った、『この事は主から出たことですから』」
アブラハムの命を受けたしもべは、不思議な導きによってリベカと出会います。しもべの祈りから始まった出来事を聞いたリベカの兄と父、ラバンとベトエルは、その出来事を「主から出たこと」と認めました。神様はわたしたち人間の理解を超えたことを実現されるお方です。神様の不思議を認め、受け入れることができるのはさいわいなことです。

2、よしあしを言うことができない
50 節「わたしどもはあなたによしあしを言うことができません」。
ラバンとベトエルは、リベカがアブラハムのところに嫁ぐことが主の導きであることを認め、「よしあしを言うことができません」と告げます。主のなされた不思議は、人間の理解を超えた出来事でした。それで2人は「よし」ということさえできませんでした。主のなされたことに圧倒された2人は、ただひれ伏すしかありませんでした。

3、主が言われたように
51 節「リベカがここにおりますから連れて行って、主が言われたように、あなたの主人の子の妻にしてください」。
よしあしを言うことさえできないラバンとベトエルは、「主が言われたように、あなたの主人の子の妻にしてください」と告げます。2人は主の不思議な出来事に大いなる権威を覚えて、すべてを明け渡しました。主は死の扉をも開いて新しいいのちを与えることのできるお方です。そして主は救いのご計画を必ず実現されるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください