R4.1.23 礼拝式

「題」 「永遠の命と交わり
聖書の箇所 「ヨハネの黙示録22章1~5節」(新約P.518)
※聖書:新改訳2017©2017 新日本聖書刊行会
1 御使いはまた、水晶のように輝く、いのちの水の川を私に見せた。川は神と子羊の御座から出て、
2 都の大通りの中央を流れていた。こちら側にも、あちら側にも、十二の実をならせるいのちの木があって、毎月一つの実を結んでいた。その木の葉は諸国の民を癒やした。
3 もはや、のろわれるものは何もない。神と子羊の御座が都の中にあり、神のしもべたちは神に仕え、
4 御顔を仰ぎ見る。また、彼らの額には神の御名が記されている。
5 もはや夜がない。神である主が彼らを照らされるので、ともしびの光も太陽の光もいらない。彼らは世々限りなく王として治める。

1、いのちの水
1~2節「御使いはまた、水晶のように輝く、いのちの水の川を私に見せた。川は神と子羊の御座から出て、都の大通りの中央を流れていた。」
イスラエルは日本とは違い、川が少なく、水は大変貴重でした。ですから水はいのちそのものでした。そのいのちをもたらす川の水が、中央を流れているという情景は、とても大きな恵みです。しかもその川は神と子羊の御座から出ているので、川の水は決して涸れることのない、永遠のいのちの流れです。

2、永遠の交わり
3~4節「もはや、のろわれるものは何もない。神と子羊の御座が都の中にあり、神のしもべたちは神に仕え、御顔を仰ぎ見る。また、彼らの額には神の御名が記されている。」
キリストが子羊として十字架にかけられたことで、すべてのものが、のろいから贖い出されました(ガラテヤ人への手紙3章13 節)。私たちが律法ののろいの中にあるときは、その働きが報われないことがありました。しかしのろいから贖い出された者は完全に神様のものとされ、その労苦は決して無駄になることはありません。

3、主の光に生きる
5節「もはや夜がない。神である主が彼らを照らされるので、ともしびの光も太陽の光もいらない。彼らは世々限りなく王として治める。」
夜がないということは、悪や偽りがないということです。真理が明らかにされたとき、悪も不義も完全に力を失うからです。主の真理の光に照らされた私たちは、もはや罪に悩まされることなく、主と共に御国を永遠に治め、永遠の祝福に生きるのです。

R4.1.16 礼拝・故山田てるへ姉記念式

ギャラリー

このギャラリーには3枚の写真が含まれています。

「題」 「神の国はいつ来るのか」 聖書の箇所 「ルカの福音書17章20~21節」(新約P.153) ※聖書:新改訳2017©2017 新日本聖書刊行会 20 パリサイ人たちが、神の国はいつ来るのかと尋ねたとき、イエスは彼 … 続きを読む

R4.1.9 礼拝式

「題」 「神の国は近づいた
聖書の箇所 「マルコの福音書1章14~15節」(新約P.65)
※聖書:新改訳2017©2017 新日本聖書刊行会
14 ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤに行き、神の福音を宣べ伝えて言われた。
15 「時が満ち、神の国が近づいた。悔い改めて福音を信じなさい。」

1、時が満ちる
15 節「時が満ち、神の国が近づいた。」
イエス様が言われた時が満ちるとは、年月が満ちることとは違います。ふさわしい時期、機会が到来したという意味です。神の国、イエス様による救いは、何年か教会に通い続ける、長く祈り続けるという時間が積み重なれば実現するのではありません。そうしたことも大切ですが、あるきっかけで突然、その機会が訪れるものです。

2、神の国が近づいた
15 節「時が満ち、神の国が近づいた。」
神の国は私たちの側から近づいて行くのではなく、イエス様の側から近づいてくださり、実現するのです。私たちが行いを積み重ねることによって神の国が近づくのではあり
ません。私たちの側にどんなに困難があったとしても、神様の恵みにより困難を乗り越え、神の国が私たちに近づくのです。

3、悔い改めて福音を信じる
15 節「悔い改めて福音を信じなさい。」
悔い改めとは、人生の方向転換をするということです。それで多くの人は、悪い行いを悔い改めて良い行いをするという方向転換を試みます。しかし、聖書が語る悔い改めは、行動の転換ではありません。心の向きの転換です。自分で解決しようという思いから、神様が解決してくださることを信じて委ねる思いに心が変えられることが、悔い改めです。
心の向きを変えることも、自分の力ではできません。十字架による愛の力が私たちの心を解放し、神の国を実現するのです。