R3.7.25 オープンチャーチ礼拝式

「題」 「信じる者は死んでも生きる
聖書の箇所 「ヨハネの福音書11章25~26節(新約P.205)
※聖書:新改訳2017©2017 新日本聖書刊行会
25イエスは彼女に言われた。「わたしはよみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は死んでも生きるのです。
26また、生きていてわたしを信じる者はみな、永遠に決して死ぬ死ぬことがありません。あなたは、このことを信じますか。」

1、イエス様はよみがえりです
25 節「イエスは彼女に言われた。『わたしはよみがえりです。いのちです。』」
「よみがえり」は別の表現を使うと「くつがえす」ということです。イエス様は死の力も、罪の支配もくつがえして、いのちを与えてくださるお方です。神様が創造された世界は、死も罪もないはずでした。ところが人は神様から離れてしまい、いのちを失いました。その私たちの愚かさを、イエス様はくつがえしてくださるのです。

2、死んでも生きる
25 節「わたしを信じる者は死んでも生きるのです。」
イエス様は私たちが死や罪から免れると語られたのではありません。死や罪の中に陥ったとしても、くつがえされて生きる者となると言われるのです。イエス様は私たちのすべての罪を引き受けられて、あがないとして十字架にかかられました。このことによって、私たちは死と罪から解放されて救われるのです。

3、あなたは信じますか
26 節「また、生きていてわたしを信じる者はみな、永遠に決して死ぬことがありません。あなたはこのことを信じますか。」
イエス様を信じることは、イエス様の中にいのちも救いも、必要なことはすべてあると信じることです。そしてまた、イエス様はその必要をすべてわたしに与えてくださると信頼することです。「あなたは」とイエス様は語られます。私にとってこれは真実ですと認めて、個人的に決断することが求められています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください