R1.12.22 クリスマス礼拝式&祝会

「題」 「神様はこの世を愛される」
聖書の箇所 「ヨハネによる福音書3章16~21節」
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
3:16 神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。
3:17 神が御子を世につかわされたのは、世をさばくためではなく、御子によって、この世が救われるためである。
3:18 彼を信じる者は、さばかれない。信じない者は、すでにさばかれている。神のひとり子の名を信じることをしないからである。
3:19 そのさばきというのは、光がこの世にきたのに、人々はそのおこないが悪いために、光よりもやみの方を愛したことである。
3:20 悪を行っている者はみな光を憎む。そして、そのおこないが明るみに出されるのを恐れて、光にこようとはしない。
3:21 しかし、真理を行っている者は光に来る。その人のおこないの、神にあってなされたということが、明らかにされるためである。

1、神様はこの世を愛される
16 節「神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである」。
「ひとり子」とは、たったひとりの息子ということです。他にはいない、かけがえのない存在を犠牲にされるほどに、神様はこの世を愛し、わたしたちを救ってくださるお方です。神様が与えてくださる救いは、永遠の命を得ること、つまり神様との永遠の関係をもつことです。

2、信じる者はさばかれない
18 節「彼を信じる者は、さばかれない。信じない者は、すでにさばかれている。神のひとり子の名を信じることをしないからである」。
ひとり子の名を信じるということは、イエス様がわたしたちの救いのため犠牲となってくださったことを信じることです。しかし、わたしは大丈夫、救いは必要ないという人は、神様から離れてしまっているため、すでにさばかれているのです。
3、光を愛して生きる
21 節「しかし、真理を行っている者は光に来る。その人のおこないの、神にあってなされたということが、明らかになるためである」。
わたしたちは皆罪人であり、救いが必要です。そして、神様は罪人をさばくためではなく救うため御子を遣わされました。これが真理です。わたしたちがまことの光であるイエス様を愛し、光に来るならば、神様は罪をゆるし、すべての不義からわたしたちをきよめて下さいます。
神様の愛と救いが明らかにされたクリスマスの恵みを信じましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください