R3.9.26 オープンチャーチ礼拝式

「題」 「多く愛する人
聖書の箇所 「ルカの福音書7章41~43、47節」(新約P.126)
※聖書:新改訳2017©2017 新日本聖書刊行会
41 「ある金貸しから、二人の人が金を借りていた。一人は五百デナリ、もう一人は五十デナリ。
42 彼らは返すことができなかったので、金貸しは二人とも借金を帳消しにしてやった。それでは、二人のうちのどちらが、金貸しをより多く愛するようになるでしょうか。」
43 シモンが「より多くを帳消しにしてもらったほうだと思います」と答えると、イエスは「あなたの判断は正しい」と言われた。
47 ですから、わたしはあなたに言います。この人は多くの罪を赦されています。彼女は多く愛したのですから。赦されることの少ない者は、愛することも少ないのです。」

1、より多く愛するのは
42~43 節「『彼らは返すことができなかったので、金貸しは二人とも借金を帳消しにしてやった。それでは、二人のうちのどちらが、金貸しをより多く愛するようになるでしょうか。』シモンが『より多くを帳消しにしてもらったほうだと思います』と応えると、イエスは『あなたの判断は正しい』と言われた。」
このたとえのポイントは、「より多くを帳消しにしてもらった人が、より多く愛するようになる」ということにあります。もしあなたに愛に欠けているという悩みがあるなら、それはあなたの中に帳消しにされていない問題があるからではないでしょうか。

2、多くの罪が赦されている
47 節「ですから、わたしはあなたに言います。この人は多くの罪を赦されています。彼女は多く愛したのですから。」
イエス様から「多くの罪を赦されています」と語られた女性は、決して「多く愛した」行いによって、罪の赦しを得たのではありません。「多くの罪を赦された」喜びと感謝が、自分自身を献げる、多くの愛となって現されたのです。

3、多く愛する人
47 節「赦されることの少ない者は、愛することも少ないのです。」
罪の自覚の少ない者、救いを必要としない者は、神様の愛を少ししか受け取らず、愛することの少ない、人の罪をさばく者となります。しかし十字架の救いは、どんなに罪深い人であってもすべてを赦し、多くの愛に満たし、多く愛する人へと変える力があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください