R2.12.13 オープンチャーチ

「題」 「神様はすぐそばにおられる
聖書の箇所 「マタイによる福音書1章18~25節」
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
1:18 イエス・キリストの誕生の次第はこうであった。母マリヤはヨセフと婚約していたが、まだ一緒にならない前に、聖霊によって身重になった。
1:19 夫ヨセフは正しい人であったので、彼女のことが公けになることを好まず、ひそかに離縁しようと決心した。
1:20 彼がこのことを思いめぐらしていたとき、主の使が夢に現れて言った、「ダビデの子ヨセフよ、心配しないでマリヤを妻として迎えるがよい。その胎内に宿っているものは聖霊によるのである。
1:21 彼女は男の子を産むであろう。その名をイエスと名づけなさい。彼は、おのれの民をそのもろもろの罪から救う者となるからである」。
1:22 すべてこれらのことが起ったのは、主が預言者によって言われたことの成就するためである。すなわち、
1:23 「見よ、おとめがみごもって男の子を産むであろう。
その名はインマヌエルと呼ばれるであろう」。これは、「神われらと共にいます」という意味である。
1:24 ヨセフは眠りからさめた後に、主の使が命じたとおりに、マリヤを妻に迎えた。
1:25 しかし、子が生れるまでは、彼女を知ることはなかった。そして、その子をイエスと名づけた。

1、悩みの中に臨まれるお方
20 節「彼がこのことを思いめぐらしていたとき、主の使が夢に現れて言った、『ダビデの子ヨセフよ、心配しないでマリヤを妻として迎えるがよい。その胎内に宿っているものは聖霊によるのである」。
婚約者マリヤが一緒にならないうちに身重になったことで、ヨセフは大きな悩みを抱えました。彼の正しさは問題を解決する力はありませんでした。神様は、どうすることもできない悩みの中に臨んでくださり、解決の道を与えてくださるお方です。

2、罪から救うお方
21 節「彼女は男の子を産むであろう。その名をイエスと名づけなさい。彼は、おのれの民をそのもろもろの罪から救う者となるからである」。
「罪」とは的外れの意味があります。それは、何のために生きているのか、どの道に進めばいいのかもわからないわたしたちの姿です。神様はわたしたちに使命を与え、道を示されるため、独り子イエス様をわたしたちと同じ人として遣わしてくださいました。

3、共におられるお方
23 節「『見よ、おとめがみごもって男の子を産むであろう。その名はインマヌエルと呼ばれるであろう』。これは、『神われらと共にいます』という意味である」。
イエス様が男の子としてお生まれになられたのは、わたしたちのすぐ近くにいてくださるためです。胎児として宿られ、赤子としてお生まれになられることは、どれだけ大きなリスクがあることでしょう。イエス様は親が子を愛するように、どんな危険が待ち受けていても、わたしたちを決して捨てず、いつも共にいて救いを与えてくださるお方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください