R2.11.15 オープンチャーチ

「題」 「人の願いと神様のみこころ
聖書の箇所 「マルコによる福音書10章46~52節」
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
10:46 それから、彼らはエリコにきた。そして、イエスが弟子たちや大ぜいの群衆と共にエリコから出かけられたとき、テマイの子、バルテマイという盲人のこじきが、道ばたにすわっていた。
10:47 ところが、ナザレのイエスだと聞いて、彼は「ダビデの子イエスよ、わたしをあわれんでください」と叫び出した。
10:48 多くの人々は彼をしかって黙らせようとしたが、彼はますます激しく叫びつづけた、「ダビデの子イエスよ、わたしをあわれんでください」。
10:49 イエスは立ちどまって「彼を呼べ」と命じられた。そこで、人々はその盲人を呼んで言った、「喜べ、立て、おまえを呼んでおられる」。
10:50 そこで彼は上着を脱ぎ捨て、踊りあがってイエスのもとにきた。
10:51 イエスは彼にむかって言われた、「わたしに何をしてほしいのか」。その盲人は言った、「先生、見えるようになることです」。
10:52 そこでイエスは言われた、「行け、あなたの信仰があなたを救った」。すると彼は、たちまち見えるようになり、イエスに従って行った。

1、上着を脱ぎ捨てる
50 節「そこで彼は上着を脱ぎ捨て、踊りあがってイエスのもとにきた」。
道ばたで物ごいをする人は、上着の裾を広げて座ります。施しをする人はその裾の上に金銭や食べ物を置きます。バルテマイはその上着を脱ぎ捨てました。彼は自分の大切なものを捨ててまで、イエス様のもとへ向かいました。その姿に、どれほどまでにイエス様を求め、必要としていたかという、彼の信仰が現されています。

2、見えるようになることを願う
51 節「イエスは彼に向かって言われた、『わたしに何をしてほしいのか』。その盲人は言った、『先生、見えるようになることです』」。
目の見えない人が見えるようになることを願うのは、当たり前のことではないと思います。バルテマイはこれまで、どれだけ見えるようになることを願い、失望してきたことでしょう。その彼が見えるようになることを願ったのは、イエス様はどんなことでもできるお方と心から信じていたからです。

3、あなたの信仰があなたを救う
52 節「そこでイエスは言われた、『行け、あなたの信仰があなたを救った』。すると彼は、たちまち見えるようになり、イエスに従って行った」。
「救った」という言葉は「治った」という意味もありますが、魂の救いの意味でもあります。バルテマイは目が癒やされて見えるようになっただけではありません。彼は信仰によって、救いの御業を見、救い主であるイエス様を見る者となりました。わたしたちも聖書を通して、イエス様の救いを見る者となりましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください