R2.10.11 主日礼拝

「題」 「神様との組み打ち」
聖書の箇所 「創世記32章22~32節」
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
32:22 彼はその夜起きて、ふたりの妻とふたりのつかえめと十一人の子どもとを連れてヤボクの渡しをわたった。
32:23 すなわち彼らを導いて川を渡らせ、また彼の持ち物を渡らせた。
32:24 ヤコブはひとりあとに残ったが、ひとりの人が、夜明けまで彼と組打ちした。
32:25 ところでその人はヤコブに勝てないのを見て、ヤコブのもものつがいにさわったので、ヤコブのもものつがいが、その人と組打ちするあいだにはずれた。
32:26 その人は言った、「夜が明けるからわたしを去らせてください」。ヤコブは答えた、「わたしを祝福してくださらないなら、あなたを去らせません」。
32:27 その人は彼に言った、「あなたの名はなんと言いますか」。彼は答えた、「ヤコブです」。
32:28 その人は言った、「あなたはもはや名をヤコブと言わず、イスラエルと言いなさい。あなたが神と人とに、力を争って勝ったからです」。
32:29 ヤコブは尋ねて言った、「どうかわたしにあなたの名を知らせてください」。するとその人は、「なぜあなたはわたしの名をきくのですか」と言ったが、その所で彼を祝福した。
32:30 そこでヤコブはその所の名をペニエルと名づけて言った、「わたしは顔と顔をあわせて神を見たが、なお生きている」。
32:31 こうして彼がペニエルを過ぎる時、日は彼の上にのぼったが、彼はそのもものゆえにびっこを引いていた。
32:32 そのため、イスラエルの子らは今日まで、もものつがいの上にある腰の筋を食べない。かの人がヤコブのもものつがい、すなわち腰の筋にさわったからである。

1、神様との組み打ち
24 節「ヤコブはひとりあとに残ったが、ひとりの人が、夜明けまで彼と組打ちした」。
兄エサウとの再会を前にヤコブは恐れに捕らわれました。それは先の見えない恐れ、死の恐れなどでしょう。そのヤコブと神様は組打ちをされることにより、ヤコブに特別な恵みを与えられます。

2、神様によって変えられる
27~28 節「その人は彼に言った、『あなたの名はなんと言いますか』。彼は答えた、『ヤコブです』。その人は言った、『あなたはもはや名をヤコブと言わず、イスラエルと言いなさい。あなたが神と人とに、力を争って勝ったからです』」。
神様はヤコブの名をご存知です。それでも名を尋ねたのは、ヤコブ自身が神様に打ち明け、明け渡す必要があったからです。ヤコブは自分の名に込められた「押しのける者」である自分を神様に明け渡し、新しい名、新しいいのちをいただき変えられます。

3、祝福の確かなしるし
30~31 節「そこでヤコブはその所の名をペニエルと名づけて言った、『わたしは顔と顔をあわせて神を見たが、なお生きている』。こうして彼がペニエルを過ぎる時、日は彼の上にのぼったが、彼はそのもものゆえに歩くのが不自由になっていた」。
神様と顔と顔をあわせて、なお生きているヤコブの姿に、十字架の救いが現されています。ヤコブが「勝った」のは、神様が敗北を、十字架の死を負われたからです。ヤコブの身体の痛みと不自由な歩みは、神様の祝福が事実であることを忘れないように刻まれたしるしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください