R1.11.17オープン・チャーチ

「題」 「初めであり終わりであるお方」
聖書の箇所 「ヨハネの黙示録21章1~4節」
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
21:1 わたしはまた、新しい天と新しい地とを見た。先の天と地とは消え去り、海もなくなってしまった。
21:2 また、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために着飾った花嫁のように用意をととのえて、神のもとを出て、天から下って来るのを見た。
21:3 また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、
21:4 人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである」。

1、新しい天と新しい地
1節「わたしはまた、新しい天と新しい地とを見た。先の天と地とは消え去り、海もなくなってしまった」。
この「新しい天と新しい地」の「新しい」は、新約聖書の「新」と同じ原語が使われています。人が作り出したものは、どんな新しいものも、やがて古くなります。しかし、神様が与えてくださる新しい天と地、そして新しい生命は、この世のものとは全く異なる性質をもち、決して古びない、永遠の存在です。

2、神様が人と共に住まわれる
3節「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして」。
新しい天と地は、神様が人と共に住まわれる祝福の場所です。そこは、人の努力によって到達するところではありません。神様がわたしたちのために代価を払われて、神様とわたしたちとの間にある隔てをなくしてくださり、与えてくださる場所です。

3、人の目から涙が全くぬぐいとられる
4節「人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである」。
新しい天と地に迎え入れられるわたしたちもまた、神様によって全く新しい者とされます。涙は全くぬぐいとられ、死も、悲しみも、痛みもなくなります。それらはすべて、キリストの十字架によって完全に過ぎ去り、わたしたちは新しい者に変えられます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください