R1.5.5主日礼拝

「題」 「心を開かれるお方」
聖書の箇所 「ルカによる福音書24章44~53節 」
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
24:44 それから彼らに対して言われた、「わたしが以前あなたがたと一緒にいた時分に話して聞かせた言葉は、こうであった。すなわち、モーセの律法と預言書と詩篇とに、わたしについて書いてあることは、必ずことごとく成就する」。
24:45 そこでイエスは、聖書を悟らせるために彼らの心を開いて
24:46 言われた、「こう、しるしてある。キリストは苦しみを受けて、三日目に死人の中からよみがえる。
24:47 そして、その名によって罪のゆるしを得させる悔改めが、エルサレムからはじまって、もろもろの国民に宣べ伝えられる。
24:48 あなたがたは、これらの事の証人である。
24:49 見よ、わたしの父が約束されたものを、あなたがたに贈る。だから、上から力を授けられるまでは、あなたがたは都にとどまっていなさい」。

24:50 それから、イエスは彼らをベタニヤの近くまで連れて行き、手をあげて彼らを祝福された。
24:51 祝福しておられるうちに、彼らを離れて、〔天にあげられた。〕
24:52 彼らは〔イエスを拝し、〕非常な喜びをもってエルサレムに帰り、
24:53 絶えず宮にいて、神をほめたたえていた。
1、必ずことごとく成就する
44 節「それから彼らに対して言われた、『わたしが以前あなたがたと一緒にいた時分に話して聞かせた言葉は、こうであった。すなわち、モーセの律法と預言書と詩篇とに、わたしについて書いてあることは、必ずことごとく成就する』」。
復活されたイエス様の姿を見て戸惑い、半信半疑になっている弟子たちに、イエス様は聖書に書かれたことは必ず成就すると宣言されます。神様の「必ず」は、わたしたちへの愛に満ちた宣言です。
2、悟らせるため心を開かれる
45~46 節「そこでイエスは、聖書を悟らせるために彼らの心を開いて、言われた、『こう、しるしてある。キリストは苦しみを受けて、三日目に死人の中からよみがえる』」。
弟子たちは十字架によってイエス様が失われたと思い、心を閉ざしていました。イエス様は失望の中にある弟子たちに復活による救いを語られて心を開き、信仰と希望と愛を与え、立ち上がらせてくださいます。
3、これらのことの証人
48~49 節「あなたがたは、これらの事の証人である。見よ、わたしの父が約束されたものを、あなたがたに贈る。だから、上から力を授けられるまでは、あなたがたは都にとどまっていなさい」。
弟子たちはイエス様の復活の出来事が確かなことと証しする聖書の御言葉を受け、主の証人とされました。わたしたちも上から力を授かり、復活の命に満たされた、主の証人とさせていただきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください