H30.4.1イースター召天者記念礼拝・聖餐式

「題」 「復活の力
聖書の箇所 「マタイによる福音書28章1~10節」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用

28:1 さて、安息日が終って、週の初めの日の明け方に、マグダラのマリヤとほかのマリヤとが、墓を見にきた。
28:2 すると、大きな地震が起った。それは主の使が天から下って、そこにきて石をわきへころがし、その上にすわったからである。
28:3 その姿はいなずまのように輝き、その衣は雪のように真白であった。
28:4 見張りをしていた人たちは、恐ろしさの余り震えあがって、死人のようになった。
28:5 この御使は女たちにむかって言った、「恐れることはない。あなたがたが十字架におかかりになったイエスを捜していることは、わたしにわかっているが、
28:6 もうここにはおられない。かねて言われたとおりに、よみがえられたのである。さあ、イエスが納められていた場所をごらんなさい。
28:7 そして、急いで行って、弟子たちにこう伝えなさい、『イエスは死人の中からよみがえられた。見よ、あなたがたより先にガリラヤへ行かれる。そこでお会いできるであろう』。あなたがたに、これだけ言っておく」。
28:8 そこで女たちは恐れながらも大喜びで、急いで墓を立ち去り、弟子たちに知らせるために走って行った。
28:9 すると、イエスは彼らに出会って、「平安あれ」と言われたので、彼らは近寄りイエスのみ足をいだいて拝した。
28:10 そのとき、イエスは彼らに言われた、「恐れることはない。行って兄弟たちに、ガリラヤに行け、そこでわたしに会えるであろう、と告げなさい」。

1、人の無力さ
 1節「さて、安息日が終って、週の初めの日の明け方に、マグダラのマリヤとほかのマリヤとが、墓を見にきた」。
マグダラのマリヤとほかのマリヤが墓を見に来ました。彼女たちは十字架刑を受けられたイエス様が葬られるのを、見ているだけでした。そして今も、墓を見に来ました。そこには封印された大きな石が置かれていました。それは、死の力を動かすことができない、取り除くことができない、人の無力さの現れです。

2、復活の力
 2節「すると、大きな地震が起った。それは主の使が天から下って、そこにきて石をわきへころがし、その上にすわったからである」。
墓の石が動かされたのは、イエス様が墓から出られるためではありません。墓の石が動かされたのは、復活の力によって、わたしたちと神様との隔てが取り除かれたことを現しています。

3、空の墓
 5~6節「あなたがたが十字架におかかりになったイエスを捜していることは、わたしにわかっているが、もうここにはおられない。かねていわれたとおりに、よみがえられたのである。さあ、イエスが治められていた場所をごらんなさい」。
空の墓は、死の力がキリストの復活によって無力となったことを現します。キリストの復活を信じる者には、死に象徴される罪の刑罰はきよめられて、天国への道が開かれるのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.