H29.12.17主日礼拝・洗礼式

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「御言葉どおり成る」
聖書の箇所 「マタイによる福音書1章18~25節」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
1:18 イエス・キリストの誕生の次第はこうであった。母マリヤはヨセフと婚約していたが、まだ一緒にならない前に、聖霊によって身重になった。
1:19 夫ヨセフは正しい人であったので、彼女のことが公けになることを好まず、ひそかに離縁しようと決心した。
1:20 彼がこのことを思いめぐらしていたとき、主の使が夢に現れて言った、「ダビデの子ヨセフよ、心配しないでマリヤを妻として迎えるがよい。その胎内に宿っているものは聖霊によるのである。
1:21 彼女は男の子を産むであろう。その名をイエスと名づけなさい。彼は、おのれの民をそのもろもろの罪から救う者となるからである」。
1:22 すべてこれらのことが起ったのは、主が預言者によって言われたことの成就するためである。すなわち、

1:23 「見よ、おとめがみごもって男の子を産むであろう。
その名はインマヌエルと呼ばれるであろう」。

これは、「神われらと共にいます」という意味である。
1:24 ヨセフは眠りからさめた後に、主の使が命じたとおりに、マリヤを妻に迎えた。 1:25 しかし、子が生れるまでは、彼女を知ることはなかった。そして、その子をイエスと名づけた。

1、正しさでは救われない
19節「夫ヨセフは正しい人であったので、彼女のことが公けなることを好まず、ひそかに離縁しようと決心した」。
ヨセフは律法を守る正しい人でした。しかしヨセフは、その正しさによってマリヤを受け入れることはできませんでした。
聖書が言う罪を、神様との関係、隣人との関係が破綻している状態にあることです。人はその正しさによってでは、神様との関係、隣人との関係を確立することができないのです。

2、罪からの救い
21節「彼女は男の子を産むであろう。その名をイエスと名づけなさい。彼は、おのれの民をそのもろもろの罪から救う者となるからである」。
神様はわたしたちを罪から救い、正しい関係となるための救い、和解を、イエス様によって実現してくださいます。わたしたちがこの救いを受け取るためには、「自分が」というもろもろの思いをすべて明け渡して、その重荷をすべてイエス様に委ねるべきです。

3、共におられる主
23節「『見よ、おとめがみごもって男の子を産むであろう。その名はインマヌエルと呼ばれるであろう』。これは、『神われらと共にいます』という意味である」。
イエス様はわたしたちの罪を負われて十字架にかかられてまで、わたしたちと共にいてくださいます。わたしはイエス様と共に十字架にかけられたと信じて受け入れる者は、罪からの救いを得ます。
そしてイエス様により、神様と隣人との関係の回復を得ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください