H29.12.10オープン・チャーチ

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「御言葉どおり成る
聖書の箇所 「ルカによる福音書1章26~38節」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)

1:26 六か月目に、御使ガブリエルが、神からつかわされて、ナザレというガリラヤの町の一処女のもとにきた。
1:27 この処女はダビデ家の出であるヨセフという人のいいなづけになっていて、名をマリヤといった。
1:28 御使がマリヤのところにきて言った、「恵まれた女よ、おめでとう、主があなたと共におられます」。
1:29 この言葉にマリヤはひどく胸騒ぎがして、このあいさつはなんの事であろうかと、思いめぐらしていた。
1:30 すると御使が言った、「恐れるな、マリヤよ、あなたは神から恵みをいただいているのです。
1:31 見よ、あなたはみごもって男の子を産むでしょう。その子をイエスと名づけなさい。
1:32 彼は大いなる者となり、いと高き者の子と、となえられるでしょう。そして、主なる神は彼に父ダビデの王座をお与えになり、
1:33 彼はとこしえにヤコブの家を支配し、その支配は限りなく続くでしょう」。 1:34そこでマリヤは御使に言った、「どうして、そんな事があり得ましょうか。わたしにはまだ夫がありませんのに」。
1:35 御使が答えて言った、「聖霊があなたに臨み、いと高き者の力があなたをおおうでしょう。それゆえに、生れ出る子は聖なるものであり、神の子と、となえられるでしょう。
1:36 あなたの親族エリサベツも老年ながら子を宿しています。不妊の女といわれていたのに、はや六か月になっています。
1:37 神には、なんでもできないことはありません」。
1:38 そこでマリヤが言った、「わたしは主のはしためです。お言葉どおりこの身に成りますように」。そして御使は彼女から離れて行った。

1、恵まれた人
 28節「御使がマリヤのところにきて言った、『恵まれた女よ、おめでとう、主があなたと共におられます』」。
マリヤは御使に「恵まれた女」と呼ばれますが、彼女は10代の未婚者で、社会的にとても弱い存在でした。どうして自分のような者が恵まれた人なのか、主が共におられるのかと、マリヤはひどく戸惑いました。
聖書が語る神様は一貫して弱い者、小さい者と共におられて、恵みを与え、助けてくださるお方です。

2、神様にはできないことはない
37節「神には、なんでもできないことはありません」。
神様にできないことはないということは、ご自分の力を誇り、ひけらかすためではありません。聖書に「わたしの力は弱いところに完全にあらわれる」(コリント人への第二の手紙12章9節)とありますように、神様は弱さの中にこそ恵みの力をあらわされるお方です。クリスマスの出来事はそのことを教えるのです。

3、御言葉どおり成る
38節「そこでマリヤが言った、『わたしは主のはしためです。お言葉どおりこの身に成りますように』」。
神様が共におられ、神様のご計画を実現されること、それは、自分の思いと異なる道を歩むことでもあります。しかしマリヤは決断します。「お言葉どおりこの身になりますように」と。
それは、神様は愛により、必ず最善をなされるという信仰の決断です。その決断の一歩を神様は祝され、大いなることを成されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください