H29.9.16&17第52回天橋立聖会

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「キリストに生かされて」
聖書の箇所 「ガラテヤ人への手紙2章15~21節」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
2:15 わたしたちは生れながらのユダヤ人であって、異邦人なる罪人ではないが、
2:16 人の義とされるのは律法の行いによるのではなく、ただキリスト・イエスを信じる信仰によることを認めて、わたしたちもキリスト・イエスを信じたのである。それは、律法の行いによるのではなく、キリストを信じる信仰によって義とされるためである。なぜなら、律法の行いによっては、だれひとり義とされることがないからである。
2:17 しかし、キリストにあって義とされることを求めることによって、わたしたち自身が罪人であるとされるのなら、キリストは罪に仕える者なのであろうか。断じてそうではない。
2:18 もしわたしが、いったん打ちこわしたものを、再び建てるとすれば、それこそ、自分が違反者であることを表明することになる。
2:19 わたしは、神に生きるために、律法によって律法に死んだ。わたしはキリストと共に十字架につけられた。
2:20 生きているのは、もはや、わたしではない。キリストが、わたしのうちに生きておられるのである。しかし、わたしがいま肉にあって生きているのは、わたしを愛し、わたしのためにご自身をささげられた神の御子を信じる信仰によって、生きているのである。
2:21 わたしは、神の恵みを無にはしない。もし、義が律法によって得られるとすれば、キリストの死はむだであったことになる。

第52回 天橋立聖会
講師: 高松新生教会:小野淳子先生
著書: 神と共に歩む日々(いのちのことば社)
わたしは信じます(CLC出版)等

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です