H25.11.10主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「失望しないで祈る」
聖書の箇所  「ルカ18:18
~30」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
18:18 また、ある役人がイエスに尋ねた、「よき師よ、何をしたら永遠の生命が受けられましょうか」。
18:19 イエスは言われた、「なぜわたしをよき者と言うのか。神ひとりのほかによい者はいない。
18:20 いましめはあなたの知っているとおりである、『姦淫するな、殺すな、盗むな、偽証を立てるな、父と母とを敬え』」。
18:21 すると彼は言った、「それらのことはみな、小さい時から守っております」。
18:22 イエスはこれを聞いて言われた、「あなたのする事がまだ一つ残っている。持っているものをみな売り払って、貧しい人々に分けてやりなさい。そうすれば、天に宝を持つようになろう。そして、わたしに従ってきなさい」。
18:23 彼はこの言葉を聞いて非常に悲しんだ。大金持であったからである。
18:24 イエスは彼の様子を見て言われた、「財産のある者が神の国にはいるのはなんとむずかしいことであろう。
18:25 富んでいる者が神の国にはいるよりは、らくだが針の穴を通る方が、もっとやさしい」。
18:26 これを聞いた人々が、「それでは、だれが救われることができるのですか」と尋ねると、
18:27 イエスは言われた、「人にはできない事も、神にはできる」。
18:28 ペテロが言った、「ごらんなさい、わたしたちは自分のものを捨てて、あなたに従いました」。
18:29 イエスは言われた、「よく聞いておくがよい。だれでも神の国のために、家、妻、兄弟、両親、子を捨てた者は、
18:30 必ずこの時代ではその幾倍もを受け、また、きたるべき世では永遠の生命を受けるのである」。

 イエス様のもとに来たのは、まじめで立派な青年でした。しかし、彼は心に何かが足りないことを感じていました。 彼の口から出たのは、 「何をしたら永遠の生命が受けられましょうか。」 でした。真面目で真摯な質問です。イエス様は 「戒めをまもりなさい」 と言われました。彼は 「それらのことはみな小さい時から守っています」 と答えています。人が善い行いによって神に義とされようとする道は、どこまで頑張ったらよいのか確認ができません。そこで、イエス様が 「あなたのすることがまだ一つ残っている」 と言われた時、彼は喜びました。彼が求めていたもの、彼が知りたかったことは、まさしく自分に足りない「あと一つ」のことでした。しかし、その一つは彼にとって思ってもみない大変難しい一つでした。イエス様は彼に向かって 「持っているものをみな売り払って、貧しい人に分けてやりなさい。そうすれば、天に宝を持つようになろう。そして、わたしに従ってきなさい。」 と言われたのです。

 彼は大変悲しみました。なぜなら、彼は大変な資産家であり、財を心のよりどころとしていたのです。地上の財産に依存しつつ、同時に神の国(永遠のいのち)を得ることは難しい、いや、出来ないのだとイエス様は言われたのです。
「人は神と金(マモン)に兼ね仕えることは出来ない。」(マタイ6:24) 
本当に永遠のいのちを得たいと思うなら、あなたの心に握りしめている財産をことごとく放棄して、私に信頼して従ってきなさいとチャレンジされました。しかし、彼は悲しみながらイエス様のもとを去りました。

私たちも深く考えさせられます。私たちは何をよりどころとし、何を心の中に握りしめ、何を誇り、何に依存して生きているのでしょうか。
「たとい人が全世界をもうけても、自分の命を損したら、なんの得になろうか。」(マタイ16・26)

人間は霊的な損得勘定がなかなか正しくできません。しかし、神はイエス・キリストによって人の心を変え、価値観をひっくり返すことが御出来になります。
「人には出来ない事も、神には出来る。」(ルカ18・27)

その実例がパウロです。
「キリスト・イエスを知ることのあまりの素晴らしさに、今では他の一切を損失と見ています。」(ピリピ3・1~9)
 キリストの知ることのすばらしさを体験したなら、私たちの心に価値観の転倒が起こるのです。

あなたのする事が まだ一つ残っている。  ルカ18:22
プログラム 時間 音声
聖書 ルカ18:18~30 2:16

説教:キリストに従う道

10:04

10:00

10:01

10:01

10:00

13:47

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です