H25.10.5主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「世の汚れに染まず」
聖書の箇所  「ダニエル 1:8~16」 
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
1:8 ダニエルは王の食物と、王の飲む酒とをもって、自分を汚すまいと、心に思い定めたので、自分を汚させることのないように、宦官の長に求めた。
1:9 神はダニエルをして、宦官の長の前に、恵みとあわれみとを得させられたので、
1:10 宦官の長はダニエルに言った、「わが主なる王は、あなたがたの食べ物と、飲み物とを定められたので、わたしはあなたがたの健康の状態が、同年輩の若者たちよりも悪いと、王が見られることを恐れるのです。そうすればあなたがたのために、わたしのこうべが、王の前に危くなるでしょう」。
1:11 そこでダニエルは宦官の長がダニエル、ハナニヤ、ミシャエルおよびアザリヤの上に立てた家令に言った、
1:12 「どうぞ、しもべらを十日の間ためしてください。わたしたちにただ野菜を与えて食べさせ、水を飲ませ、
1:13 そしてわたしたちの顔色と、王の食物を食べる若者の顔色とをくらべて見て、あなたの見るところにしたがって、しもべらを扱ってください」。
1:14 家令はこの事について彼らの言うところを聞きいれ、十日の間、彼らをためした。
1:15 十日の終りになってみると、彼らの顔色は王の食物を食べたすべての若者よりも美しく、また肉も肥え太っていた。
1:16 それで家令は彼らの食物と、彼らの飲むべき酒とを除いて、彼らに野菜を与えた。

 「世の汚れに染まず」とは、この世の付き合いを一切断つのではなく、むしろ、この世に生き、世との係わりを持ちながら世の汚れに染まらず、自分自身と生活を神の前にきよく保って生きるということです。ダニエルは、ユダ族出身で王族の一人でした。前605年、バビロンがエルサレムを侵略、バビロンに捕虜として連れ行かれた時、彼はまだ15歳の少年でした。彼はそこでバビロン王に仕える官吏となるために選ばれました。

1、王の食物を拒否する
 王は自分の食べる食物と自分の飲む酒を、選ばれた彼らに与えました。本来奴隷であったダニエルにとって、身に余る厚遇です。 しかし、ダニエルは「王の食物と王の酒とをもって自分を汚すまいと心に思い定めた」のです。それは異教の神にささげられた王の食物による偶像崇拝とのかかわりを避け、王の食卓、王の酒宴に参加してバビロンの堕落した習慣に連なることを避けるためでした。しかし、この辞退は王に不快感を与え、王の怒りを買って自分の命を危うくすることでした。しかし「神はダニエルを通して、宦官の長の前に、恵みと憐れみとを得させられた」(9)のです。はっきりと神の側に立って行動する時、神はそこで最善に働かれ、その信仰に報いてくださることが言われています。私たちは人の顔や批判を恐れやすい者ですが、ダニエルのように大胆に自分の信仰と確信に立つべきです。そのとき、私たちの思いを超えて神が恵みと憐れみとを得させてくださいます。

2、賢い判断
 しかし、「何を拒否し、何について異教の風習を受け入れるか」を判断すべきです。彼らは自分の信仰の名前が偶像の名前に変えられる「宗氏改名」については、その身を汚すことではなく、異教国で生きるために必要なこととして受け人たのです。

3、生きた信仰
 海に泳いでいる魚は海の塩分を吸収することは決してありません。生きているからです。世の濁流がどんなに激しくても、内に聖霊を宿し、生きたキリスト信仰を保ち生きる、世と世の汚れがどうであれ汚れに染まずに清く生きることができるのです。

自分を汚すまいと、心に思い定めた。  ダニエル1:8
プログラム 時間 音声
前奏 0:46

賛美:天地(あめつち)こぞりて

0:50

交読33: 詩篇104篇 2:42

主の祈り 1:00

使徒信条 1:21

賛美27: 来る朝ごとに 3:06

聖書 ダニエル 1:8~16 2:21

賛美198: ゴッド・ブレス・ユー 2:11

説教:世の汚れに染まず

10:08

10:11

10:04

10:05

10:03

 6:35

正餐式(賛美49: しみも咎も) 3:14

賛美297: 神はわが力 2:00

頌栄63: 父御子御霊の 1:29

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です