H25.7.7主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「信仰による救い」
聖書の箇所  「使徒行伝16:25~34」 
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
16:25 真夜中ごろ、パウロとシラスとは、神に祈り、さんびを歌いつづけたが、囚人たちは耳をすまして聞きいっていた。
16:26 ところが突然、大地震が起って、獄の土台が揺れ動き、戸は全部たちまち開いて、みんなの者の鎖が解けてしまった。
16:27 獄吏は目をさまし、獄の戸が開いてしまっているのを見て、囚人たちが逃げ出したものと思い、つるぎを抜いて自殺しかけた。 16:28 そこでパウロは大声をあげて言った、「自害してはいけない。われわれは皆ひとり残らず、ここにいる」。
16:29 すると、獄吏は、あかりを手に入れた上、獄に駆け込んできて、おののきながらパウロとシラスの前にひれ伏した。
16:30 それから、ふたりを外に連れ出して言った、「先生がた、わたしは救われるために、何をすべきでしょうか」。
16:31 ふたりが言った、「主イエスを信じなさい。そうしたら、あなたもあなたの家族も救われます」。
16:32 それから、彼とその家族一同とに、神の言を語って聞かせた。
16:33 彼は真夜中にもかかわらず、ふたりを引き取って、その打ち傷を洗ってやった。そして、その場で自分も家族も、ひとり残らずバプテスマを受け、
16:34 さらに、ふたりを自分の家に案内して食事のもてなしをし、神を信じる者となったことを、全家族と共に心から喜んだ。

1、ピリピ伝道
 マケドニアに渡って行ったパウロたちは早速、マケドニアのローマ植民地ピリピに入りました。パウロは敬虔な人々が祈りのために集まる川岸に行きました。そこで福音を語ると、ルデアという信心深い一人の女性が心を開き、キリストを信じてその家族も救われました。彼女は裕福な紫布の商人で、パウロを家に招き、人々に家を解放して教会としました。これがピリピ教会となりました。さらに、パウロによって一人の女奴隷が占いの能力を持つ悪霊から解放されたのですが、女の主人たちは自分たちが金を儲ける手段を失って大変怒り、パウロとシラスを捕え、裁判にもかけずに鞭打ち牢獄に入れました。

2、獄中のさんびと祈り
 パウロとシラスは、真夜中の獄屋でさんびと祈りをささげました。理不尽で乱暴な仕打ちによって鞭打たれ、真っ暗な地下牢に入れられたパウロとシラスは、背中の肉が破れ耐えられない痛みと足柳の不自由の中つぶやき恨みも叫びもなく、真夜中に神に折り賛美をうたい続けたのです。異臭と汚れの暗闇にあって、彼らのこころと魂は闇に閉ざされることなく、彼らささげる折りと賛美は、地獄のような牢獄を光輝く天国の礼拝の場と変えました。そして、囚人たちは静かに聞き入っていました。

3、獄屋番の救い
 その時、突然、地震が起こって獄の扉が開きました。囚人が逃げたと思った獄屋番は自害を計りましが、パウロは大声で「自害してはいけない。われわれは・・ここにいる」と叫びました。その瞬間、獄屋番の霊の目が開かれ、「先生がた、わたしは救われるために、何をすべきでしょうか」と叫びました。
「主イエスを信じなさい。そうしたら、あなたも、あなたの家族も救われます」(31)
主イエスの上に身を置き、一切を主にお任せすることです。日々の生活
において本気で主に信頼して行くとき、家族の救いの始まりとなるのです。
 

主イエスを信じなさい。そうしたら、あなたもあなたの家族も救われます。 使徒16:31
プログラム 時間 音声
前奏 0:30

賛美:天地(あめつち)こぞりて 0:49

交読24: 詩篇67篇 1:16

主の祈り 0:55

使徒信条 1:14

賛美9: 力の主を 3:10

聖書 使徒 16:25~34 1:14

賛美274: この日は主イエスが造られた 1:26

説教:信仰による救い

10:04

10:07

10:05

10:01

10:01

12:07

聖餐式:しみも咎も 3:10

賛美281: 疑い憂いに 2:17

感謝の祈り(佐久間姉) 1:27

頌栄63: 父御子御霊の 1:28

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です