H24.11.11 主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」      「神に立ち返る
聖書の箇所  「ルカ15章:11節-24節
 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
15:11 また言われた、「ある人に、ふたりのむすこがあった。

15:12 ところが、弟が父親に言った、『父よ、あなたの財産のうちでわたしがいただく分をください』。そこで、父はその身代をふたりに分けてやった。
15:13 それから幾日もたたないうちに、弟は自分のものを全部とりまとめて遠い所へ行き、そこで放蕩に身を持ちくずして財産を使い果した。
15:14 何もかも浪費してしまったのち、その地方にひどいききんがあったので、彼は食べることにも窮しはじめた。15:15そこで、その地方のある住民のところに行って身を寄せたところが、その人は彼を畑にやって豚を飼わせた。
15:16 彼は、豚の食べるいなご豆で腹を満たしたいと思うほどであったが、何もくれる人はなかった。
15:17 そこで彼は本心に立ちかえって言った、『父のところには食物のあり余っている雇人が大ぜいいるのに、わたしはここで飢えて死のうとしている。
15:18 立って、父のところへ帰って、こう言おう、父よ、わたしは天に対しても、あなたにむかっても、罪を犯しました。
15:19 もう、あなたのむすこと呼ばれる資格はありません。どうぞ、雇人のひとり同様にしてください』。
15:20 そこで立って、父のところへ出かけた。まだ遠く離れていたのに、父は彼をみとめ、哀れに思って走り寄り、その首をだいて接吻した。
15:21 むすこは父に言った、『父よ、わたしは天に対しても、あなたにむかっても、罪を犯しました。もうあなたのむすこと呼ばれる資格はありません』。
15:22 しかし父は僕たちに言いつけた、『さあ、早く、最上の着物を出してきてこの子に着せ、指輪を手にはめ、はきものを足にはかせなさい。
15:23 また、肥えた子牛を引いてきてほふりなさい。食べて楽しもうではないか。
15:24 このむすこが死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから』。それから祝宴がはじまった。

 このお話は「放蕩息子のたとえ」としてよく知られ、弟息子を喜び迎える父の姿を通し罪人の一人が立ち返ることを喜び迎える父なる神の愛を豊かに表現している物語です。また、人間の本当の幸せは神にあり、父なる神との生きた豊かな関係に立ち返り、留まることであることを教えています。

1、父のもとを離れる弟息子
 弟息子は父に遺産相続を要求して全部をお金に換え、遠い所に旅立ちます。そこで放蕩の限りを尽くし全財産を使い果たしました。その時ひどい飢饉が起こり、生きるために豚飼いまでに身を落としますが食べることができず餓死を恐れます。ここに来てさすがに自分のこれまでを考え、問題は父の家から離れたことであることに気付きます。

、父のもとへ帰る弟息子
 家に変る決心をして父に受け入れてもらう台詞を考えます。私は天に対しても父に対しても罪を犯した。もう息子と呼ばれる資格はない。雇人の一人としください。彼は有り余るパンを持つ父の雇人の中に潜り込みたいと願いました。彼は自分の人生の悲惨さを認め、その原因である自分の罪を悔い、父のもとに帰るうと決心したのです。

、迎える父
 日々首を長くして息子の帰りを待っでいた父は、息子を遠く離れていたのに認め、走り寄り、首を抱えて接吻しました。謝罪のことばも聞かず、すぐ一番良い着物を着させ、指輪をはめさせ、靴を履かせました。それは雇人の一人ではなく息子として復縁させる迎え方でした。そして盛大な祝宴が始まりました。
神から離れた人はどんな生き方をしても幻滅に終わります。神のもとにこそ真の幸いがあります。神のもとに帰るために、父は一切の備えをされました。それがイエス・キリスト、その十字架です。(ヨハネ19:30)私たちが決心し、悔い改めて父に帰るなら、父は無限の愛と豊かな赦し完全な関係の回復をもって、直ちに喜び迎え入れてくださいます。

このむすこが死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから。 ルカ15:24
プログラム 時間 音声
前奏 0:35

賛美:天地(あめつち)こぞりて 0:47

交読41:詩篇127 1:27

主の祈り 0:54

賛美2:たたえよ救い主イエスを 2:56

聖書:ルカ15:11-24

2:37

賛美222:罪の深みに 4:25

説教:神に立ち返る

10:05

10:05

10:00

10:02

10:00

11:16

 

 

賛美233:驚くばかりの

2:35

頌栄:父御子御霊の 1:49

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です