H24.7.22 主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」      過ぎ越しの恵み」

聖書の箇所1 「出エジプト12:1~14 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
12:1 主はエジプトの国で、モーセとアロンに告げて言われた、
12:2 「この月をあなたがたの初めの月とし、これを年の正月としなさい。
12:3 あなたがたはイスラエルの全会衆に言いなさい、『この月の十日におのおの、その父の家ごとに小羊を取らなければならない。すなわち、一家族に小羊一頭を取らなければならない。
12:4 もし家族が少なくて一頭の小羊を食べきれないときは、家のすぐ隣の人と共に、人数に従って一頭を取り、おのおの食べるところに応じて、小羊を見計らわなければならない。
12:5 小羊は傷のないもので、一歳の雄でなければならない。羊またはやぎのうちから、これを取らなければならない。
12:6 そしてこの月の十四日まで、これを守って置き、イスラエルの会衆はみな、夕暮にこれをほふり、
12:7 その血を取り、小羊を食する家の入口の二つの柱と、かもいにそれを塗らなければならない。
12:8 そしてその夜、その肉を火に焼いて食べ、種入れぬパンと苦菜を添えて食べなければならない。
12:9 生でも、水で煮ても、食べてはならない。火に焼いて、その頭を足と内臓と共に食べなければならない。
12:10 朝までそれを残しておいてはならない。朝まで残るものは火で焼きつくさなければならない。
12:11 あなたがたは、こうして、それを食べなければならない。すなわち腰を引きからげ、足にくつをはき、手につえを取って、急いでそれを食べなければならない。これは主の過越である。
12:12 その夜わたしはエジプトの国を巡って、エジプトの国におる人と獣との、すべてのういごを打ち、またエジプトのすべての神々に審判を行うであろう。わたしは主である。
12:13 その血はあなたがたのおる家々で、あなたがたのために、しるしとなり、わたしはその血を見て、あなたがたの所を過ぎ越すであろう。わたしがエジプトの国を撃つ時、災が臨んで、あなたがたを滅ぼすことはないであろう。
12:14 この日はあなたがたに記念となり、あなたがたは主の祭としてこれを守り、代々、永久の定めとしてこれを守らなければならない。

 主がエジプトに下された10番目の災によりすべての家の初子と家畜の初子が撃たれました。この決定的災いに、パロは民がエジプトを出て行くよう命じました。この小羊の血による出エジプトの歴史的出来事は、神の小羊として十字架上に罪を蹟い、死と滅びの支配から解放するキリストの救いを予表するものでした。
 エジプトの数々の災いを通し、主はご自身の存在と力をエジプトの民とパロ王にいかんなく現されました。それは民を滅ぼすことが目的でなく、彼らが生ける真の神を知り、主を畏れて従うものとなるためでした。予告された最後の災いは、主を畏れない者にはさばきと恐怖の日となり、主を信じ従う者には救いの日です。

1、救いの条件
 最後の災いは「主の過ぎ越し」と呼ばれます。主が一晩のうちにエジプトの家庭を訪れ、その中にいる人も家畜も全ての初子を殺されましたが、イスラエルの家は害を与えず過ぎ越されました。なぜなら、イスラエルの家々では、家の入口の2つの柱とかもいに血が塗られていたからでした。神の言葉に従い小羊が殺され、その血が家の戸口に塗られました。さばきの御使いは、その血を見て家を過ぎ越したのです。一切はあらかじめ主が示された通りで、イスラエルの民はそれを信じ、そのごとく行ったからです。私たちも人生の最後に、罪の
ゆえに死が訪れるという<人生最大の災い>を逃れられません。 
 しかし、この最後の災いに対し、主が約束された救いを信じ、その救いの条件を行えば、だれも
が救われることが出来るのです。
罪を認め、悔い改めキリストの十字架の出来事を、私の罪の身代わりと信じ、信頼するならだれも救われます。(使徒20:21)

2、キリストの救い
 新約聖書はこの歴史的救いの出来事を通して、イエス・キ
リストこそ「私たちの過ぎ越しの神の小羊」であると繰り返し伝えています。
「きずも、しみもない小羊のようなキリストの尊い血によったのである。」(1ペテロ1:19)


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です