R1.8.11オープン・チャーチ

「題」 「神様の言葉を信じる」
聖書の箇所 「列王紀下5章8~14節 」
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
5:8 神の人エリシャは、イスラエルの王がその衣を裂いたことを聞き、王に人をつかわして言った、「どうしてあなたは衣を裂いたのですか。彼をわたしのもとにこさせなさい。そうすれば彼はイスラエルに預言者のあることを知るようになるでしょう」。
5:9 そこでナアマンは馬と車とを従えてきて、エリシャの家の入口に立った。
5:10 するとエリシャは彼に使者をつかわして言った、「あなたはヨルダンへ行って七たび身を洗いなさい。そうすれば、あなたの肉はもとにかえって清くなるでしょう」。
5:11 しかしナアマンは怒って去り、そして言った、「わたしは、彼がきっとわたしのもとに出てきて立ち、その神、主の名を呼んで、その箇所の上に手を動かして、らい病をいやすのだろうと思った。
5:12 ダマスコの川アバナとパルパルはイスラエルのすべての川水にまさるではないか。わたしはこれらの川に身を洗って清まることができないのであろうか」。こうして彼は身をめぐらし、怒って去った。
5:13 その時、しもべたちは彼に近よって言った、「わが父よ、預言者があなたに、何か大きな事をせよと命じても、あなたはそれをなさらなかったでしょうか。まして彼はあなたに『身を洗って清くなれ』と言うだけではありませんか」。
5:14 そこでナアマンは下って行って、神の人の言葉のように七たびヨルダンに身を浸すと、その肉がもとにかえって幼な子の肉のようになり、清くなった。

1、神様は御自分を知らせるお方
8節「どうしてあなたは衣を裂いたのですか。彼をわたしのもとにこさせなさい。そうすれば彼はイスラエルに預言者のあることを知ることになるでしょう」。
努力がいつも正しい方に向いているとは限りません。頑張っても報われないこともあります。そのような迷える者を顧みて、神様はご自身の側からわたしたちに語りかけ、救いの道を示してくださいます。
2、信じることができない理由
12 節「ダマスコの川アバナとバルパルはイスラエルのすべての川水にまさるではないか。わたしはこれらの川に身を洗って清まることができないのであろうか」。
自分自身のことが心の中心にあると、神様の言葉を信じることができません。ナアマンは救いを求め、多くの努力をしたことでしょう。ですからエリシャの言葉に対して「そんな程度で救われるはずがない」と思ってしまい、神様の言葉の力を信じることができませんでした。
3、神様の言葉の力を信じる
14 節「そこでナアマンは下って行って、神の人の言葉のように七たびヨルダンに身を浸すと、その肉がもとにかえって幼な子の肉のようになり、清くなった」。
しもべたちの進言によって、ナアマンは心を翻して預言者エリシャの言葉の通りに実行しました。するとナアマンは清くなりました。神様の言葉には、わたしたちを清くする力があります。神様の救いの力を受け取るには、信仰によるしかありません。

R1.8.4主日礼拝

「題」 「空いた器を満たすお方」
聖書の箇所 「列王紀下4章1~7節 」
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)

4:1 預言者のともがらの、ひとりの妻がエリシャに呼ばわって言った、「あなたのしもべであるわたしの夫が死にました。ごぞんじのように、あなたのしもべは主を恐れる者でありましたが、今、債主がきて、わたしのふたりの子供を取って奴隷にしようとしているのです」。
4:2 エリシャは彼女に言った、「あなたのために何をしましょうか。あなたの家にどんな物があるか、言いなさい」。彼女は言った、「一びんの油のほかは、はしための家に何もありません」。
4:3 彼は言った、「ほかへ行って、隣の人々から器を借りなさい。あいた器を借りなさい。少しばかりではいけません。
4:4 そして内にはいって、あなたの子供たちと一緒に戸の内に閉じこもり、そのすべての器に油をついで、いっぱいになったとき、一つずつそれを取りのけておきなさい」。
4:5 彼女は彼を離れて去り、子供たちと一緒に戸の内に閉じこもり、子供たちの持って来る器に油をついだ。
4:6 油が満ちたとき、彼女は子供に「もっと器を持ってきなさい」と言ったが、子供が「器はもうありません」と言ったので、油はとまった。
4:7 そこで彼女は神の人のところにきて告げたので、彼は言った、「行って、その油を売って負債を払いなさい。あなたと、あなたの子供たちはその残りで暮すことができます」。

1、困難から救われる神様
2節「エリシャは彼女に言った、『あなたのために何をしましょうか。あなたの家にどんな物があるか、言いなさい』。彼女は言った、『一びんの油のほかは、はしための家に何もありません』」。
預言者一家の危機に対して、エリシャは要求を聞きます。ところがこの一家には一びんの油しかないと言います。この一家は、どうしようもない状況の中にありました。しかし、どう祈ればよいかわからないような困難にある者を、神様は救われます。
2、信仰を求められる神様
3節「彼は言った、『ほかへ行って、隣の人々から器を借りなさい。あいた器を借りなさい。少しばかりではいけません』」。
「あいた器」とは信仰です。神様から救いをいただくとき、わたしたちが差し出すことのできるものは何もありません。わたしたちができることは、からの手を広げて、神様の恵みを受け取るだけです。「何もありません」は信仰がなければ言うことのできないことです。無から有を生み出される神様を信じる信仰に、神様は働かれます。
3、空いた器を満たされる神様
6節「油が満ちたとき、彼女は子供に『もっと器を持ってきなさい』
と言ったが、子供が『器はもうありません』と言ったので、油はとまった」。油はあるだけの器に満たされました。わたしたちが信じて求めるなら、求めただけ神様は与えてくださいます。「器を借りなさい」信仰の友に祈ってもらうことは、とても大きな力になります。神様に求めるときに遠慮は不要です。

R1.7.28主日礼拝

ギャラリー

このギャラリーには3枚の写真が含まれています。

「題」 「聖霊の賜物を受け継ぐ」 聖書の箇所 「列王紀下2章1~14節 」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用) 2:1 主がつむじ風をもってエリヤを天に上らせようとされた時、エリヤはエリシャと共にギルガルを出て行った。 … 続きを読む

R1.7.21オープン・チャーチ

ギャラリー

このギャラリーには3枚の写真が含まれています。

「題」 「神様を知る」 聖書の箇所 「列王紀上18章36~39節 」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用) 18:36 夕の供え物をささげる時になって、預言者エリヤは近寄って言った、「アブラハム、イサク、ヤコブの神、主よ … 続きを読む

R1.7.14主日礼拝

ギャラリー

このギャラリーには3枚の写真が含まれています。

「題」 「主は生きておられる」 聖書の箇所 「列王紀上17章1~16節 」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用) 17:1 ギレアデのテシベに住むテシベびとエリヤはアハブに言った、「わたしの仕えているイスラエルの神、主は … 続きを読む