R5.5.15 礼拝式

「題」 「しもべは聞いております」
聖書の箇所 「サムエル記第一13章1~18節」(旧約P.483)
※聖書:新改訳2017©2017 新日本聖書刊行会
1 さて、少年サムエルはエリのもとで主に仕えていた。そのころ、主のことばはまれにしかなく、幻も示されなかった。
2 その日、エリは自分のところで寝ていた。彼の目はかすんできて、見えなくなっていた。
3 神のともしびが消される前であり、サムエルは、神の箱が置かれている主の神殿で寝ていた。
4 主はサムエルを呼ばれた。彼は、「はい、ここにおります」と言って、
5 エリのところに走って行き、「はい、ここにおります。お呼びになりましたので」と言った。エリは「呼んでいない。帰って、寝なさい」と言った。それでサムエルは戻って寝た。
6 主はもう一度、サムエルを呼ばれた。サムエルは起きて、エリのところに行き、「はい、ここにおります。お呼びになりましたので」と言った。エリは「呼んでいない。わが子よ。帰って、寝なさい」と言った。
7 サムエルは、まだ主を知らなかった。まだ主のことばは彼に示されていなかった。
8 主は三度目にサムエルを呼ばれた。彼は起きて、エリのところに行き、「はい、ここにおります。お呼びになりましたので」と言った。エリは、主が少年を呼んでおられるということを悟った。
9 それで、エリはサムエルに言った。「行って、寝なさい。主がおまえを呼ばれたら、『主よ、お話しください。しもべは聞いております』と言いなさい。」サムエルは行って、自分のところで寝た。
10 主が来て、そばに立ち、これまでと同じように、「サムエル、サムエル」と呼ばれた。サムエルは「お話しください。しもべは聞いております」と言った。
11 主はサムエルに言われた。「見よ、わたしはイスラエルに一つのことをしようとしている。だれでもそれを聞く者は、両耳が鳴る。
12 その日わたしは、エリの家についてわたしが語ったことすべてを、初めから終わりまでエリに実行する。
13 わたしは、彼の家を永遠にさばくと彼に告げる。それは息子たちが自らにのろいを招くようなことをしているのを知りながら、思いとどまらせなかった咎のためだ。
14 だから、わたしはエリの家について誓う。エリの家の咎は、いけにえによっても、穀物のささげ物によっても、永遠に赦されることはない。」
15 サムエルは朝まで寝て、それから主の家の扉を開けた。サムエルは、この黙示のことをエリに知らせるのを恐れた。
16 エリはサムエルを呼んで言った。「わが子サムエルよ。」サムエルは「はい、ここにおります」と言った。
17 エリは言った。「主がおまえに語られたことばは、何だったのか。私に隠さないでくれ。もし、主がおまえに語られたことばの一つでも私に隠すなら、神がおまえを幾重にも罰せられるように。」
18 サムエルは、すべてのことをエリに知らせて、何も隠さなかった。エリは言った。「その方は主だ。主が御目にかなうことをなさるように。」

1、主の召しと備え
7~8節「サムエルは、まだ主を知らなかった。まだ主のことばは彼に示されていなかった。主は三度目にサムエルを呼ばれた。彼は起きて、エリのところに行き、『はい、ここにおります。お呼びになりましたので』
と言った。エリは、主が少年を呼んでおられることを悟った。」まだ主を知らないサムエルのため、祭司エリが導き手となりました。主はご自分をまだ知らない者のため、導き手を備えて呼びかけ、ご自分のもとに招いてくださいます。

2、しもべは聞いております
10 節「主が来て、そばに立ち、これまでと同じように、『サムエル、サムエル』と呼ばれた。サムエルは『お話しください。しもべは聞いております』と言った。」
「しもべ」とは、わたしは主のものですという信仰告白です。その信仰によって主のみことばを聞くことができます。主から個人的な語りかけを聞き、主を知ることができることは幸いです。

3、主のみことばを隠さない
17~18 節「エリは言った。『主がおまえに語られたことばは、何だっ
たのか。わたしに隠さないでくれ。もし、主がおまえに語られたことばの一つでも私に隠すなら、神がおまえを幾重にも罰せられるように。』サムエルは、すべてのことをエリに知らせて、何も隠さなかった。エリは言った。『その方は主だ。主が御目にかなうことをなさるように。』」
サムエルはエリに促され、主が語られたことを隠さず伝えました。主のみことばを聞くだけでなく、隠さず伝える者となりましょう。みことばを伝えることで、さらに深く主を知る恵みを得ることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください