R4.4.17 イースター・召天者合同記念礼拝式

「題」 「望みをどこに捜すのか」
聖書の箇所 「ルカの福音書24章1~12節」(新約P.172)
※聖書:新改訳2017©2017 新日本聖書刊行会
1 週の初めの日の明け方早く、彼女たちは準備しておいた香料を持って墓に来た。
2 見ると、石が墓からわきに転がされていた。
3 そこで中に入ると、主イエスのからだは見当たらなかった。
4 そのため途方に暮れていると、見よ、まばゆいばかりの衣を着た人が二人、近くに来た。
5 彼女たちは恐ろしくなって、地面に顔を伏せた。すると、その人たちはこう言った。「あなたがたは、どうして生きている方を死人の中に捜すのですか。
6 ここにはおられません。よみがえられたのです。まだガリラヤにおられたころ、主がお話しになったことを思い出しなさい。
7 人の子は必ず罪人たちの手に引き渡され、十字架につけられ、三日目によみがえると言われたでしょう。」
8 彼女たちはイエスのことばを思い出した。
9 そして墓から戻って、十一人とほかの人たち全員に、これらのことをすべて報告した。
10 それは、マグダラのマリア、ヨハンナ、ヤコブの母マリア、そして彼女たちとともにいた、ほかの女たちであった。彼女たちはこれらのことを使徒たちに話したが、
11 この話はたわごとのように思えたので、使徒たちは彼女たちを信じなかった。
12 しかしペテロは立ち上がり、走って墓に行った。そして、かがんでのぞき込むと、亜麻布だけが見えた。それで、この出来事に驚きながら自分のところに帰った。

1、望みをどこに捜すのか
5~6節「あなたがたは、どうして生きている方を死人の中に捜すのですか。ここにはおられません。よみがえられたのです。」
「どうして生きている方を死人の中に捜すのですか」との御使いの問いかけは、現実に捕らわれて、天から与えられる、死の力をも打ち破る希望を見出すことのできない私たちにも語られています。

2、聖書の約束を思い起こす
6~8節「『まだガリラヤにおられたころ、主がお話しになったことを思い出しなさい。人の子は必ず罪人たちの手に引き渡され、十字架につけられ、三日目によみがえると言われたでしょう。』彼女たちはイエスのことばを思い出した。」
「イエスのことばを思い出した」とありますが、単に忘れていたことを思い出すことではありません。聖霊が働かれるとき、初めは理解できなかった聖書のことばが思い起こされ、そのことばに込められた神様の愛と希望がわかるようになるのです。

3、復活の望みを信じるために
11~12 節「この話はたわごとのように思えたので、使徒たちは彼女たちを信じなかった。しかしペテロは立ち上がり、走って墓に行った。そして、かがんでのぞき込むと、亜麻布だけが見えた。それで、この出来事に驚きながら自分のところに帰った。」
ペテロは墓に行って、女性たちの言う通りであることを確認しました。しかしペテロは自分の失敗に捕らわれていて、この出来事が自分の救いのためと受け入れることができませんでした。私たちは、イエス様の愛に触れることであらゆることから解放され、復活の望みに満たされます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください