R2.8.9 主日礼拝

「題」 「イエス様の権威」
聖書の箇所 「マタイによる福音書9章1~8節 」
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
9:1 さて、イエスは舟に乗って海を渡り、自分の町に帰られた。
9:2 すると、人々が中風の者を床の上に寝かせたままでみもとに運んできた。イエスは彼らの信仰を見て、中風の者に、「子よ、しっかりしなさい。あなたの罪はゆるされたのだ」と言われた。
9:3 すると、ある律法学者たちが心の中で言った、「この人は神を汚している」。
9:4 イエスは彼らの考えを見抜いて、「なぜ、あなたがたは心の中で悪いことを考えているのか。
9:5 あなたの罪はゆるされた、と言うのと、起きて歩け、と言うのと、どちらがたやすいか。
9:6 しかし、人の子は地上で罪をゆるす権威をもっていることが、あなたがたにわかるために」と言い、中風の者にむかって、「起きよ、床を取りあげて家に帰れ」と言われた。
9:7 すると彼は起きあがり、家に帰って行った。
9:8 群衆はそれを見て恐れ、こんな大きな権威を人にお与えになった神をあがめた。

1、罪のゆるし
2節「イエスは彼らの信仰を見て、中風の者に、『子よ、しっかりしなさい。あなたの罪はゆるされたのだ』と言われた」。
イエス様は「彼らの信仰を見て」中風の者に罪のゆるしを宣言されました。理由はわかりませんが、中風の者は神様から離れていたのでしょう。それを友人たちが導き、中風の者は神様のもとに立ち帰り、イエス様に受け入れられたのでしょう。

2、罪をゆるす力
3~4節「すると、ある律法学者たちが心の中で言った、『この人は神を汚している』イエスは彼らの考えを見抜いて、『なぜ、あなたがたは心の中で悪いことを考えているのか』」。
律法学者たちはイエス様のことばを軽んじました。しかしイエス様は軽々しく罪のゆるしを語られたのではありません。「あなたの罪はゆるされた」とは、罪の身代わりとなることができるイエス様しか言うことができない、重いことばなのです。

3、イエス様の権威
6~7節「『しかし、人の子は地上で罪をゆるす権威をもっていることが、あなたがたにわかるために』と言い、中風の者に向かって、『起きよ、床を取りあげて家に帰れ』と言われた。すると彼は起きあがり、家に帰って行った」。
イエス様はご自分に罪をゆるす権威があることを知らせるため、「起きよ、床を取りあげて家に帰れ」と言われました。するとその通りになりました。イエス様の語られたこと、なされたことは必ず実現します。イエス様の救いを信じて生きる者、救いを伝える者となりましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください