R2.8.2 主日礼拝

「題」 「主に不可能なことがあるか」
聖書の箇所 「創世記18章1~15節 」
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)

18:1 主はマムレのテレビンの木のかたわらでアブラハムに現れられた。それは昼の暑いころで、彼は天幕の入口にすわっていたが、
18:2 目を上げて見ると、三人の人が彼に向かって立っていた。彼はこれを見て、天幕の入口から走って行って彼らを迎え、地に身をかがめて、
18:3 言った、「わが主よ、もしわたしがあなたの前に恵みを得ているなら、どうぞしもべを通り過ごさないでください。
18:4 水をすこし取ってこさせますから、あなたがたは足を洗って、この木の下でお休みください。
18:5 わたしは一口のパンを取ってきます。元気をつけて、それからお出かけください。せっかくしもべの所においでになったのですから」。彼らは言った、「お言葉どおりにしてください」。
18:6 そこでアブラハムは急いで天幕に入り、サラの所に行って言った、「急いで細かい麦粉三セヤをとり、こねてパンを造りなさい」。
18:7 アブラハムは牛の群れに走って行き、柔らかな良い子牛を取って若者に渡したので、急いで調理した。
18:8 そしてアブラハムは凝乳と牛乳および子牛の調理したものを取って、彼らの前に供え、木の下で彼らのかたわらに立って給仕し、彼らは食事した。
18:9 彼らはアブラハムに言った、「あなたの妻サラはどこにおられますか」。彼は言った、「天幕の中です」。
18:10 そのひとりが言った、「来年の春、わたしはかならずあなたの所に帰ってきましょう。その時、あなたの妻サラには男の子が生れているでしょう」。サラはうしろの方の天幕の入口で聞いていた。
18:11 さてアブラハムとサラとは年がすすみ、老人となり、サラは女の月のものが、すでに止まっていた。
18:12 それでサラは心の中で笑って言った、「わたしは衰え、主人もまた老人であるのに、わたしに楽しみなどありえようか」。
18:13 主はアブラハムに言われた、「なぜサラは、わたしは老人であるのに、どうして子を産むことができようかと言って笑ったのか。
18:14 主にとって不可能なことがありましょうか。来年の春、定めの時に、わたしはあなたの所に帰ってきます。そのときサラには男の子が生れているでしょう」。
18:15 サラは恐れたので、これを打ち消して言った、「わたしは笑いません」。主は言われた、「いや、あなたは笑いました」。

1、主の訪れ
10 節「そのひとりが言った、『来年の春、わたしはかならずあなたの所に帰ってきましょう。その時、あなたの妻サラには男の子が生れているでしょう』。サラはうしろの方の天幕の入口で聞いていた」。
主はアブラハムとサラに新しい名を与え、新しく生きるように導かれます。それは、アブラハムとサラの間に子が、新しい生命が生れるという約束です。神様はアブラハムだけではなく、サラを祝福するため、サラに聞こえるように語られました。

2、心の中で笑う
12 節「それでサラは心の中で笑って言った、『わたしは衰え、主人もまた老人であるのに、わたしに楽しみなどありえようか』」。
アブラハムに祝福の約束が語られて 24 年。結婚してからですと何十年経っているでしょうか。サラはずっと求めていた祝福を得られないでいました。もう衰えて、終わりが見える年齢です。サラは主の祝福の御言葉にも心を動かすことができず、冷たく笑ってしまいます。

3、主に不可能かことがあるか
14 節「主にとって不可能なことがありましょうか。来年の春、定めの時に、わたしはあなたの所に帰ってきます。そのときサラには男の子が生れているでしょう」。
サラが心を動かすことができなかったのは、自分を主語にして「わたしには不可能」と考えていたからです。しかし「わたし」にどれだけ問題があっても、主に不可能なことはありません。主をわたしの主と信じて受け入れるなら、わたしたちは主によって新しく変えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください