R2.5.3 主日礼拝

「題」 「罪の始まり」
聖書の箇所 「創世記3章1~7節」
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
3:1 さて主なる神が造られた野の生き物のうちで、へびが最も狡猾であった。へびは女に言った、「園にあるどの木からも取って食べるなと、ほんとうに神が言われたのですか」。
3:2 女はへびに言った、「わたしたちは園の木の実を食べることは許されていますが、
3:3 ただ園の中央にある木の実については、これを取って食べるな、これに触れるな、死んではいけないからと、神は言われました」。
3:4 へびは女に言った、「あなたがたは決して死ぬことはないでしょう。
3:5 それを食べると、あなたがたの目が開け、神のように善悪を知る者となることを、神は知っておられるのです」。
3:6 女がその木を見ると、それは食べるに良く、目には美しく、賢くなるには好ましいと思われたから、その実を取って食べ、また共にいた夫にも与えたので、彼も食べた。
3:7 すると、ふたりの目が開け、自分たちの裸であることがわかったので、いちじくの葉をつづり合わせて、腰に巻いた。

1、神様とのつながり
2節「わたしたちは園の木の実を食べることは許されていますが、ただ園の中央にある木の実については、これを取って食べるな、これに触れるな、死んではいけないからと、神は言われました」。
神様は「きっと死ぬであろう」と強く言われました。この死は肉体の死ではなく、神様との断絶、霊的な死を意味しています。アダムもエバも「きっと死ぬ」御言葉の意味をわかっていなかったのかもしれません。それはわたしたちにも言えるのではないでしょうか。

2、神様のように
4~5節「あなたがたは決して死ぬことはないでしょう。それを食べると、あなたがたの目が開け、神のように善悪を知る者となることを、神は知っておられるのです」。
へびは「決して死ぬことはない」と明確に神様の御言葉を否定しました。アダムとエバが「神のように」なろうとし、善悪を知る木の実を食べたということは、神様の御言葉を否定し、神様に取って代わる者になろうとしたということなのです。

3、裸であることを知る
7節「すると、ふたりの目が開け、自分たちの裸であることがわかったので、いちじくの葉をつづり合わせて、腰に巻いた」。
アダムとエバが善悪を知る者となって知ったことは、すべては神様のものであり、自分たちは何一つ持たない裸の存在ということでした。神様から離れて裸の存在となったわたしたちを、神様はすべてに優るキリストの十字架の愛で覆い、満たし、救って下さいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください