R2.3.22 主日礼拝

「題」 「イエス様が愛されたように」
聖書の箇所 「ヨハネによる福音書15章12~17節」
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
15:12 わたしのいましめは、これである。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互に愛し合いなさい。
15:13 人がその友のために自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない。
15:14 あなたがたにわたしが命じることを行うならば、あなたがたはわたしの友である。
15:15 わたしはもう、あなたがたを僕とは呼ばない。僕は主人のしていることを知らないからである。わたしはあなたがたを友と呼んだ。わたしの父から聞いたことを皆、あなたがたに知らせたからである。
15:16 あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだのである。そして、あなたがたを立てた。それは、あなたがたが行って実をむすび、その実がいつまでも残るためであり、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものはなんでも、父が与えて下さるためである。
15:17 これらのことを命じるのは、あなたがたが互に愛し合うためである。

1、父がイエス様を愛されたように
12 節「わたしのいましめは、これである。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互に愛し合いなさい」。
イエス様は弟子たちに「わたしがあなたがたを愛したように」と語られました。イエス様は9節にありますように、父なる神様が愛したように、わたしたちを愛されました。同じように、わたしたちはイエス様が愛したように、互に愛し合いなさいと命じられます。

2、友のために命を捨てる愛
13 節「人が友のために自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない」。
神様から離れていたわたしたちのため、イエス様は地上に降られて友としての関係を結んでくださいました。そしてこれ以上ない十字架の愛をもって愛してくださいます。教会もまた同じように、神様を知らない人々の友となり犠牲を払うことが求められています。

3、わたしたちを選ばれた愛
16 節「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだのである。そして、あなたがたを立てた。それは、あなたがたが行って実をむすび、その実がいつまでも残るためであり、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものはなんでも、父が与えて下さるためである」。
イエス様はわたしたちを選んで愛してくださいました。選んでくださったお方は、責任を持って、愛の実を結ぶ者としてくださいます。そのために主は、求める者に惜しみなく愛を与えてくださいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください