R1.12.8 オープン・チャーチ

「題」 「すべての人を照らす光」
聖書の箇所 「ヨハネによる福音書1章9~14節」
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)

1:9 すべての人を照すまことの光があって、世にきた。
1:10 彼は世にいた。そして、世は彼によってできたのであるが、世は彼を知らずにいた。
1:11 彼は自分のところにきたのに、自分の民は彼を受けいれなかった。
1:12 しかし、彼を受けいれた者、すなわち、その名を信じた人々には、彼は神の子となる力を与えたのである。
1:13 それらの人は、血すじによらず、肉の欲によらず、また、人の欲にもよらず、ただ神によって生れたのである。
1:14 そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。わたしたちはその栄光を見た。それは父のひとり子としての栄光であって、めぐみとまこととに満ちていた。
1、すべての人を照らすまことの光
9節「すべての人を照すまことの光があって、世にきた」。
「まことの」とは、見せかけではなく本当のという意味です。つまりイエス様は光のようなお方として例えられているのではなく、本当の光ということです。イエス様はどのような障害も乗り越えてすべての人に届けられます。そしてわたしたちに救いを照らし出してくださいます。
2、神の子の特権を与える光
12 節「しかし、彼を受け入れた者、すなわち、その名を信じた人々には、彼は神の子となる力を与えたのである」。
「神の子となる力」は「神の子となる権利」という意味です。まことの光であるイエス様は、神の子となる特権を与えてくださいます。イエス様がわたしたちを神の子としてくださるお方であると受け入れ、信じるなら、神の子となる特権をいただくことができるのです。
3、常にわたしたちと共にある光
14 節「そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。わたしたちはその栄光を見た。それは父のひとり子としての栄光であって、めぐみとまこととに満ちていた」。
イエス様はわたしたちに救いの光を、神の子となるためのいのちの力を与えるため、わたしたちと同じ姿になられました。わたしたちとつながるため、わたしたちとひとつとなるために。
その恵みは常にわたしたちと共にあり、わたしたちを守り導き続けます。そしてその真実をわたしたちに照らし、力づけてくださいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください