R1.7.28主日礼拝

「題」 「聖霊の賜物を受け継ぐ」
聖書の箇所 「列王紀下2章1~14節 」
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)

2:1 主がつむじ風をもってエリヤを天に上らせようとされた時、エリヤはエリシャと共にギルガルを出て行った。
2:2 エリヤはエリシャに言った、「どうぞ、ここにとどまってください。主はわたしをベテルにつかわされるのですから」。しかしエリシャは言った、「主は生きておられます。またあなたも生きておられます。わたしはあなたを離れません」。そして彼らはベテルへ下った。
2:3 ベテルにいる預言者のともがらが、エリシャのもとに出てきて彼に言った、「主がきょう、あなたの師事する主人をあなたから取られるのを知っていますか」。彼は言った、「はい、知っています。あなたがたは黙っていてください」。
2:4 エリヤは彼に言った、「エリシャよ、どうぞ、ここにとどまってください。主はわたしをエリコにつかわされるのですから」。しかしエリシャは言った、「主は生きておられます。またあなたも生きておられます。わたしはあなたを離れません」。そして彼らはエリコへ行った。
2:5 エリコにいた預言者のともがらが、エリシャのもとにきて彼に言った、「主がきょう、あなたの師事する主人をあなたから取られるのを知っていますか」。彼は言った、「はい、知っています。あなたがたは黙っていてください」。
2:6 エリヤはまた彼に言った、「どうぞ、ここにとどまってください。主はわたしをヨルダンにつかわされるのですから」。しかし彼は言った、「主は生きておられます。またあなたも生きておられます。わたしはあなたを離れません」。そしてふたりは進んで行った。
2:7 預言者のともがら五十人も行って、彼らにむかって、はるかに離れて立っていた。彼らふたりは、ヨルダンのほとりに立ったが、
2:8 エリヤは外套を取り、それを巻いて水を打つと、水が左右に分れたので、ふたりはかわいた土の上を渡ることができた。
2:9 彼らが渡ったとき、エリヤはエリシャに言った、「わたしが取られて、あなたを離れる前に、あなたのしてほしい事を求めなさい」。エリシャは言った、「どうぞ、あなたの霊の二つの分をわたしに継がせてください」。
2:10 エリヤは言った、「あなたはむずかしい事を求める。あなたがもし、わたしが取られて、あなたを離れるのを見るならば、そのようになるであろう。しかし見ないならば、そのようにはならない」。
2:11 彼らが進みながら語っていた時、火の車と火の馬があらわれて、ふたりを隔てた。そしてエリヤはつむじ風に乗って天にのぼった。 2:12エリシャはこれを見て「わが父よ、わが父よ、イスラエルの戦車よ、その騎兵よ」と叫んだが、再び彼を見なかった。
そこでエリシャは自分の着物をつかんで、それを二つに裂き、
2:13 またエリヤの身から落ちた外套を取り上げ、帰ってきてヨルダンの岸に立った。
2:14 そしてエリヤの身から落ちたその外套を取って水を打ち、「エリヤの神、主はどこにおられますか」と言い、彼が水を打つと、水は左右に分れたので、エリシャは渡った。
1、主の道から離れない
2節「エリヤはエリシャに言った、『どうぞ、ここにとどまってください。主はわたしをベテルにつかわされるのですから』。しかしエリシャは言った、『主は生きておられます。またあなたも生きておられます。わたしはあなたを離れません』。そして彼らはベテルへ下った」。
エリシャはエリヤが天に上ることを引き留めようとしたのではありません。エリヤの後継者として歩むことを自覚し、エリヤが歩んできた主に従う道を離れることがないようにと願ったのです。
2、聖霊の賜物を求める
9節「エリヤはエリシャに言った、『わたしが取られて、あなたを離れる前に、あなたのしてほしい事を求めなさい』。エリシャは言った、『どうぞ、あなたの霊の二つの分をわたしに継がせてください』」。
エリシャが求めた「霊の二つの分」とは、長子は他の子の2倍の財産を相続させなければならないという律法に基づいています。わたしたちは何を必要とし、求めているでしょうか。何よりも、また誰よりも聖霊を必要とし、求める者となりましょう。
3、新しい衣を着る
12~13 節「そこでエリシャは自分の着物をつかんで、それを二つに裂き、またエリヤの身から落ちた外套を取り上げ、帰ってきてヨルダンの岸に立った」。
エリシャは自分の着物を裂き、エリヤの外套を取りました。彼は新しい使命に立つ者となりました。聖霊を与え、新しい者としてくださるのは主の働きです。主を信じて、古い自分を捨てて従いましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください