R1.6.30主日礼拝

「題」 「宣教の幻」
聖書の箇所 「使徒行伝16章6~10節 」
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
16:6 それから彼らは、アジヤで御言を語ることを聖霊に禁じられたので、フルギヤ・ガラテヤ地方をとおって行った。
16:7 そして、ムシヤのあたりにきてから、ビテニヤに進んで行こうとしたところ、イエスの御霊がこれを許さなかった。
16:8 それで、ムシヤを通過して、トロアスに下って行った。
16:9 ここで夜、パウロは一つの幻を見た。ひとりのマケドニヤ人が立って、「マケドニヤに渡ってきて、わたしたちを助けて下さい」と、彼に懇願するのであった。
16:10 パウロがこの幻を見た時、これは彼らに福音を伝えるために、神がわたしたちをお招きになったのだと確信して、わたしたちは、ただちにマケドニヤに渡って行くことにした。

1、宣教は神様の働き
6~7節「それから彼らは、アジヤで御言を語ることを聖霊に禁じられたので、フルギヤ・ガラテヤ地方をとおって行った。そして、ムシヤのあたりにきてから、ビテニヤに進んで行こうとしたところ、イエスの御霊がこれを許さなかった」。
パウロたち一行は、2度も自分たちの行動を止められました。彼らはこれを神様の導きと受け入れ、従いました。すべての道で神様を主と仰ぎゆだねる心に、神様の働きと栄光は現されます。

2、宣教はひとりの人から始まる
9節「ここで夜、パウロは一つの幻を見た。ひとりのマケドニヤ人が立って、『マケドニヤに渡ってきて、わたしたちを助けて下さい』と、彼に懇願するのであった」。
「いなくなった一匹を見つけるまでは捜し歩かないであろうか」(ルカによる福音書15 章4節)と言われる主は、ひとりの人のために新しい宣教の働きをなされます。この神様の愛を喜び従うべきです。]

3、自発的な愛による宣教
10 節「パウロがこの幻を見た時、これは彼らに福音を伝えるために、神がわたしたちをお招きになったのだと確信して、わたしたちは、ただちにマケドニヤに渡って行くことにした」。
幻を見たとはいえ、ヨーロッパに渡って宣教することは、大変な困難が予想されました。しかし、困難を超えてひとりの人を愛する愛によって救われたことがパウロたちの原点です。彼らはこの神様の愛によって、自発的に立ち上がり、海を渡って行きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください