H31.4.14主日礼拝

「題」 「救いに必要なこと」
聖書の箇所 「ルカによる福音書23章39~43節 」
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
23:39 十字架にかけられた犯罪人のひとりが、「あなたはキリストではないか。それなら、自分を救い、またわれわれも救ってみよ」と、イエスに悪口を言いつづけた。
23:40 もうひとりは、それをたしなめて言った、「おまえは同じ刑を受けていながら、神を恐れないのか。
23:41 お互は自分のやった事のむくいを受けているのだから、こうなったのは当然だ。しかし、このかたは何も悪いことをしたのではない」。
23:42 そして言った、「イエスよ、あなたが御国の権威をもっておいでになる時には、わたしを思い出してください」。
23:43 イエスは言われた、「よく言っておくが、あなたはきょう、わたしと一緒にパラダイスにいるであろう」。

1、何をしているのか、わからずにいる人
39 節「十字架にかけられた犯罪人のひとりが、『あなたはキリストで
はないか。それなら、自分を救い、またわれわれも救ってみよ』と、イ
エスに悪口を言いつづけた」。
「悪口を言いつづけた」は、最近の聖書では「ののしった」と訳され
ています。つまりこの犯罪人のひとりは、「あなたはキリストではないか」
と言いながら、本当はそのようには信じていなかったのです。
「われわれも救ってみよ」その要求は、イエス様が十字架にかかられ
たことで実現しているのに、彼はそのことがわかっていません。

2、「わたしを思い出してください」と願った人
42 節「イエスよ、あなたが御国の権威をもっておいでになる時には、
わたしを思い出してください」。
ところが、もうひとりの犯罪人が「神を恐れないのか」とたしなめ、
イエス様に「御国の権威」をもつお方であると告白します。
彼は「父よ、彼らをおゆるしください」と十字架上で祈られたイエス
様の姿に心が開かれ、イエス様を信じたのです。

3、「あなたはきょう、パラダイスにいる」
43 節「イエスは言われた、『よく言っておくが、あなたはきょう、わ
たしと一緒にパラダイスにいるであろう』」。
「パラダイス」の語源はペルシア王宮の庭を意味するペルシア語です。
王宮の庭ですから、高い塀に囲まれ、普通の人は入れません。そのよう
に表現されるパラダイスに、「きょう」イエス様と一緒にいるという宣言
がなされます。わたしたちは、ただ信じるだけで救われるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください