H31.2.17オープン・チャーチ

「題」 「知識のはじめ」
聖書の箇所 「箴言1章7節 」
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)

1:7主を恐れることは知識のはじめである、
愚かな者は知恵と教訓を軽んじる。

1、主を知る
 7節「主を恐れることは知識のはじめである」。
聖書は神様のご性質を様々なことばで表現していますが、最も大切な
のは、神様がわたしたちの「主」であることを知ることです。「主と訳さ
れたことばは、特別なことばが使われています。それは、神様が特別で、
唯一なお方、人とは異なる創造主であり、永遠にわたしたちの主として、
すべてに責任をもってくださるお方という意味です。

2、主を恐れる
 7節「主を恐れることは知識のはじめである」。
「恐れる」ということばの意味は、わたしたち人とは異なる、超越さ
れたお方が、わたしたちを愛し、犠牲を払ってまで救ってくださるとい
う恵みに対して、どうしてそこまでしてくださるのかという恐れです。
主の恵みを知るとき、自分自身の罪の姿を知り、それにもかかわらず
愛してくださる主を知り、主を恐れずにはいられなくなるのです。

3、知識のはじめ
 7節「主を恐れることは知識のはじめである」。
「はじめ」と訳されていることばは、最初、初歩という意味ではあり
ません。「頭」「代表」という意味をもつことばです。
主を恐れることがなければ、自分自身が主となり、自分がすべての責
任者となります。しかし、誰が自分自身と、自分に関わる出来事のすべ
てに責任をもつことができるでしょうか。
主を知ること、主を恐れることを知識のはじめとし、主の愛と恵みを
信じて、すべてを主に委ねる人生を歩めることはさいわいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください