H30.12.23クリスマス礼拝

「題」 「見よ、大きな喜びを
聖書の箇所 「ルカによる福音書2章8~20節
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)

2:8 さて、この地方で羊飼たちが夜、野宿しながら羊の群れの番をしていた。
2:9 すると主の御使が現れ、主の栄光が彼らをめぐり照したので、彼らは非常に恐れた。
2:10 御使は言った、「恐れるな。見よ、すべての民に与えられる大きな喜びを、あなたがたに伝える。
2:11 きょうダビデの町に、あなたがたのために救主がお生れになった。このかたこそ主なるキリストである。
2:12 あなたがたは、幼な子が布にくるまって飼葉おけの中に寝かしてあるのを見るであろう。それが、あなたがたに与えられるしるしである」。
2:13 するとたちまち、おびただしい天の軍勢が現れ、御使と一緒になって神をさんびして言った、
2:14 「いと高きところでは、神に栄光があるように、
地の上では、み心にかなう人々に平和があるように」。

2:15 御使たちが彼らを離れて天に帰ったとき、羊飼たちは「さあ、ベツレヘムへ行って、主がお知らせ下さったその出来事を見てこようではないか」と、互に語り合った。
2:16 そして急いで行って、マリヤとヨセフ、また飼葉おけに寝かしてある幼な子を捜しあてた。
2:17 彼らに会った上で、この子について自分たちに告げ知らされた事を、人々に伝えた。
2:18 人々はみな、羊飼たちが話してくれたことを聞いて、不思議に思った。
2:19 しかし、マリヤはこれらの事をことごとく心に留めて、思いめぐらしていた。
2:20 羊飼たちは、見聞きしたことが何もかも自分たちに語られたとおりであったので、神をあがめ、またさんびしながら帰って行った。

1、羊飼たちに告げられた喜び
 9~10節「すると主の御使が現れ、主の栄光が彼らをめぐり照らしたので、彼らは非常に恐れた。御使は言った、『恐れるな、見よ、すべての民に与えられる大きな喜びを、あなたがたに伝える』」。
人口調査の対象とされず、夜、野宿をしていた羊飼たちを、神様は選ばれて救い主の誕生の喜びを告げられました。誰にも顧みられないような人を神様は顧みられ、救いの喜びを与えてくださいます。

2、羊飼たちに与えられたしるし
 11~12節「きょうダビデの町に、あなたがたのために救主がお生れになった。このかたこそ主なるキリストである。あなたがたは、幼な子が布にくるまって飼葉おけの中に寝かしてあるのを見るであろう。それが、あなたがたに与えられるしるしである」。
イエス様は世の罪を取り除く神の小羊としてお生れになられました。羊飼たちは、クリスマスの喜びのしるしを最初に与えられた者として、神様に特別に選ばれた人々でした。

3、救いを捜しあてた羊飼たち
 15~16節「御使たちが彼らを離れて天に帰ったとき、羊飼たちは『さあ、ベツレヘムに行って、主がお知らせ下さったその出来事を見てこようではないか』と互に語り合った。そして急いで行って、マリヤとヨセフ、また飼葉おけに寝かしてある幼な子を捜しあてた」。
羊飼たちは救いの訪れを聞いただけでは満足せず、見つけるまで捜し求めました。救いは信じて求める者に与えられます。また、救いの喜びの知らせは、求める力を与え、救いへと導きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください