H30.8.26主日礼拝

「題」 「信仰の力
聖書の箇所 「ルカによる福音書8章43~48節
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
8:43 ここに、十二年間も長血をわずらっていて、医者のために自分の身代をみな使い果してしまったが、だれにもなおしてもらえなかった女がいた。
8:44 この女がうしろから近寄ってみ衣のふさにさわったところ、その長血がたちまち止まってしまった。
8:45 イエスは言われた、「わたしにさわったのは、だれか」。人々はみな自分ではないと言ったので、ペテロが「先生、群衆があなたを取り囲んで、ひしめき合っているのです」と答えた。
8:46 しかしイエスは言われた、「だれかがわたしにさわった。力がわたしから出て行ったのを感じたのだ」。
8:47 女は隠しきれないのを知って、震えながら進み出て、みまえにひれ伏し、イエスにさわった訳と、さわるとたちまちなおったこととを、みんなの前で話した。
8:48 そこでイエスが女に言われた、「娘よ、あなたの信仰があなたを救ったのです。安心して行きなさい」。

1、信仰による求め
 44節「この女がうしろから近寄ってみ衣のふさにさわったところ、その長血がたちまち止まってしまった」。
律法では、血の流出が続く女性は汚れた者とされ、人との接触が妨げられます。この女性は12年間も、汚れた状態からの救いを渇望していました。それで、救いに預かりたいとの切なる願いでイエス様に近づきました。イエス様は求めて来る者を空手で去らせることはなさいません。

2、信仰を公にする恵み
 46節「しかしイエスは言われた、『だれかがわたしにさわった。力がわたしから出て言ったのを感じたのだ』」。
女性の身体は癒やされましたが、まだ心の癒しが必要でした。また、イエス様はその女性の信仰を認められ、この出来事を隠しておきたくなかったのだと思います。公の場で信仰が表明され、救いがはっきりすることはとても大切なことです。

3、信仰の力
 48節「娘よ、あなたの信仰があなたを救ったのです。安心して行きなさい」
この女性はみんなの前でイエス様にさわった訳を話しました。たぶん、自分が汚れた者であったことも話したでしょう。その上でイエス様は、救いの宣言をなされ、信仰の力を証しされました。
どんな者もイエス様は受け入れ、救ってくださいます。そのような、ただ信じる信仰をもつことは、なんとさいわいなことでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください