H30.6.3主日礼拝

「題」 「神様は心を見られる」
聖書の箇所 「サムエル記上16章6~13節」
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用
16:6 彼らがきた時、サムエルはエリアブを見て、「自分の前にいるこの人こそ、主が油をそそがれる人だ」と思った。
16:7 しかし主はサムエルに言われた、「顔かたちや身のたけを見てはならない。わたしはすでにその人を捨てた。わたしが見るところは人とは異なる。人は外の顔かたちを見、主は心を見る」。
16:8 そこでエッサイはアビナダブを呼んでサムエルの前を通らせた。サムエルは言った、「主が選ばれたのはこの人でもない」。
16:9 エッサイはシャンマを通らせたが、サムエルは言った、「主が選ばれたのはこの人でもない」。
16:10 エッサイは七人の子にサムエルの前を通らせたが、サムエルはエッサイに言った、「主が選ばれたのはこの人たちではない」。
16:11 サムエルはエッサイに言った、「あなたのむすこたちは皆ここにいますか」。彼は言った、「まだ末の子が残っていますが羊を飼っています」。サムエルはエッサイに言った、「人をやって彼を連れてきなさい。彼がここに来るまで、われわれは食卓につきません」。
16:12 そこで人をやって彼をつれてきた。彼は血色のよい、目のきれいな、姿の美しい人であった。主は言われた、「立ってこれに油をそそげ。これがその人である」。
16:13 サムエルは油の角をとって、その兄弟たちの中で、彼に油をそそいだ。この日からのち、主の霊は、はげしくダビデの上に臨んだ。そしてサムエルは立ってラマへ行った。

1、神様は心を見られる
 7節「しかし主はサムエルに言われた『顔かたちや身のたけを見てはならない。わたしはすでにその人を捨てた。わたしが見るところは人とは異なる。人は外の顔かたちを見、主は心を見る』」。
サムエルに人を見る目がなかったとは思いません。その預言者サムエルですら見ることのできない心を見られるのが神様です。

2、神様のみこころに従う
 10節「エッサイは七人の子にサムエルの前を通らせたが、サムエルはエッサイに言った、『主が選ばれたのはこの人たちではない』」。
「わたしが見るところは人とは異なる」と聞いたサムエルは、自分では判断することができないと悟り、すべての判断を主に委ねました。
目の前の七人の中に主が選ばれた人がいなくても、サムエルは自分勝手な判断をせず、ダビデを呼び寄せることができました。主のみこころに従う人を、主は用いられます。

3、砕かれた心
 12節「そこで人をやって彼をつれてきた。彼は血色のよい、目のきれいな、姿の美しい人であった。主は言われた、『立ってこれに油をそそげ。これがその人である』」。
ダビデは姿の美しい人でした。しかし、ダビデはそうした人間的な観点から選ばれたのではありません。ダビデの心は主と共にありました。主はそのような人を求められます。
ダビデは失敗することがありました。しかし砕かれた心をもって悔い改めました。そこがサウル王と違うところでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください