H30.4.22主日礼拝

「題」 「神様を礼拝し、仕える
聖書の箇所 「ルカによる福音書4章1~13節
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用
4:1 さて、イエスは聖霊に満ちてヨルダン川から帰り、
4:2 荒野を四十日のあいだ御霊にひきまわされて、悪魔の試みにあわれた。そのあいだ何も食べず、その日数がつきると、空腹になられた。
4:3 そこで悪魔が言った、「もしあなたが神の子であるなら、この石に、パンになれと命じてごらんなさい」。
4:4 イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではない』と書いてある」。
4:5 それから、悪魔はイエスを高い所へ連れて行き、またたくまに世界のすべての国々を見せて
4:6 言った、「これらの国々の権威と栄華とをみんな、あなたにあげましょう。それらはわたしに任せられていて、だれでも好きな人にあげてよいのですから。
4:7 それで、もしあなたがわたしの前にひざまずくなら、これを全部あなたのものにしてあげましょう」。
4:8 イエスは答えて言われた、「『主なるあなたの神を拝し、ただ神にのみ仕えよ』と書いてある」。
4:9 それから悪魔はイエスをエルサレムに連れて行き、宮の頂上に立たせて言った、「もしあなたが神の子であるなら、ここから下へ飛びおりてごらんなさい。
4:10 『神はあなたのために、御使たちに命じてあなたを守らせるであろう』とあり、
4:11 また、『あなたの足が石に打ちつけられないように、彼らはあなたを手でささえるであろう』とも書いてあります」。
4:12 イエスは答えて言われた、「『主なるあなたの神を試みてはならない』と言われている」。
4:13 悪魔はあらゆる試みをしつくして、一時イエスを離れた。

1、人を生かす道
 4節「イエスは答えて言われた、『「人はパンだけで生きるものではない」と書いてある』」。
悪魔の試みに対してイエス様は「人はパンだけで生きるものではない」と答えられました。石をパンにすることは、特別な能力によって生きることです。イエス様はご自分の能力によってではなく、ただ父なる神様に従い、御言の力によって生きる道を示されました。

2、神様のみを礼拝し、仕える
 8節「イエスは答えて言われた、『「主なるあなたの神を拝し、ただ神にのみ仕えよ」と書いてある』」。
悪魔は「国々の権威と栄華とをあげましょう」と誘いかけます。しかしイエス様は神様を礼拝し、ただ神様にのみ仕えよと宣言されます。
この世の力に屈しないで、死の力をも滅ぼされる、真の権威者である神様のみを礼拝し、仕える者となりましょう。

3、みこころに生きる
 12節「イエスは答えて言われた、『「主なるあなたの神を試みてはならない」と言われている』」。
イエス様は、悪魔が御言によって神様への信仰を促しているように見えて、実は神様を試みさせようとしていることを見抜かれました。
自分自身の願いが実現するようにとの思いのあまり、神様を試みているような礼拝や祈りの姿勢となってはいないでしょうか。主導権を神様に明け渡して、ただ神様にのみ仕える者となりましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です