H30.1.28主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「キリストの栄光
聖書の箇所 「マタイによる福音書17章1~8節」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)

17:1 六日ののち、イエスはペテロ、ヤコブ、ヤコブの兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。
17:2 ところが、彼らの目の前でイエスの姿が変り、その顔は日のように輝き、その衣は光のように白くなった。
17:3 すると、見よ、モーセとエリヤが彼らに現れて、イエスと語り合っていた。
17:4 ペテロはイエスにむかって言った、「主よ、わたしたちがここにいるのは、すばらしいことです。もし、おさしつかえなければ、わたしはここに小屋を三つ建てましょう。一つはあなたのために、一つはモーセのために、一つはエリヤのために」。
17:5 彼がまだ話し終えないうちに、たちまち、輝く雲が彼らをおおい、そして雲の中から声がした、「これはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である。これに聞け」。
17:6 弟子たちはこれを聞いて非常に恐れ、顔を地に伏せた。
17:7 イエスは近づいてきて、手を彼らにおいて言われた、「起きなさい、恐れることはない」。
17:8 彼らが目をあげると、イエスのほかには、だれも見えなかった。

1、救いを成就されるお方
 3節「すると、見よ、モーセとエリヤが彼らに現れて、イエスと語り合っていた」。
モーセとエリヤは旧約の律法と預言者を代表する人物です。イエス様が彼らと語られたのは、ルカによる福音書では「最後のことについて」と記されています。
イエス様は旧約聖書に約束された救いの成就をされるお方です。

2、唯一なるお方
 4節「ペテロはイエスにむかって言った、『主よ、わたしたちが、ここにいるには、すばらしいことです。もし、おさしつかえなければ、わたしはここに小屋を三つ建てましょう。一つはあなたのために、一つはモーセのために、一つはエリヤのために』」。
ペテロはイエス様をモーセとエリヤと同等と考えた発言をしてしまいます。しかし、イエス様だけが救いを成し遂げられる唯一のお方です。
イエス様以外の何かをイエス様と同等に慕い、頼ってしまうということがないようにしましょう。

3、このお方に聞き従う
5節「彼がまだ話し終えないうちに、たちまち、輝く雲が彼らをおおい、そして雲の中から声がした、『これはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である。これに聞け』」。
イエス様が唯一の救い主であることは、神様の権威ある御言葉によって示されてこそ、受け入れることができます。「これに聞け」との神様の御声に正していただき、イエス様に聞き従う者となりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です