H29.5.14主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「父と母とを敬え」
聖書の箇所 「 出エジプト20章12~17節」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)

20:12 あなたの父と母を敬え。これは、あなたの神、主が賜わる地で、あなたが長く生きるためである。
20:13 あなたは殺してはならない。
20:14 あなたは姦淫してはならない。
20:15 あなたは盗んではならない。
20:16 あなたは隣人について、偽証してはならない。
20:17 あなたは隣人の家をむさぼってはならない。隣人の妻、しもべ、はしため、牛、ろば、またすべて隣人のものをむさぼってはならない」。

 十戒はわたしたちを縛りつけるものではなく、神様に似せて造られた者として、神様との交わりに生きるようにと与えられたものです。

1、神のかたちとして交わりに生きるため
 「人がひとりでいるのは良くない」と言われ、人を男と女とに創造された神様は、わたしたちを交わりの中で生きるように造られました。
罪の結果、人間関係の痛みと傷が満ちています。しかし神様は十字架の救いと聖霊の満たしにより、神の家族の交わりの回復を与えてくださいます。
神様はご自分のかたちが、わたしたちの交わりの中に形成されるように、「あなたの父と母を敬え」と命じておられるのです。

2、神様の愛と赦しに生きるため
親が老いて弱っていくとき、義理の両親との関係に悩むときなど、親に対して様々な感情が湧き起こるとき、「あなたの父と母を敬え」の難しさを覚えます。そのとき、わたしたちは神様の愛と赦しの世界へと連れ出されます。
そして、神様からのみ受けることができる癒やしによって、整理のつかない親子の関係、赦せない人間関係も、和解への道へと導かれると信じることができるのです。ここに第五戒が開く自由と解放の道があります。

3、信仰継承していく共同体の形成のため
十戒は「父と母を敬う」目的を「あなたの神、主が賜わる地で、あなたが長く生きるためである」と記しています。父と母が敬われるところでは、信仰の物語を伝えていく信仰の先輩が大切にされる生活が生まれ、主の約束の地に至るまで、信仰を受け継いでいく神の家族となっていきます。
教会は、委ねられたこどもたちを主に与えられた約束の地で育成し、信仰が継承されていく責任と使命が与えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です