H29.4.16 イースター召天者記念礼拝式

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「信仰への導き」
聖書の箇所 「ヨハネ20章24~29節」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
20:24 十二弟子のひとりで、デドモと呼ばれているトマスは、イエスがこられたとき、彼らと一緒にいなかった。
20:25 ほかの弟子たちが、彼に「わたしたちは主にお目にかかった」と言うと、トマスは彼らに言った、「わたしは、その手に釘あとを見、わたしの指をその釘あとにさし入れ、また、わたしの手をそのわきにさし入れてみなければ、決して信じない」。
20:26 八日ののち、イエスの弟子たちはまた家の内におり、トマスも一緒にいた。戸はみな閉ざされていたが、イエスがはいってこられ、中に立って「安かれ」と言われた。
20:27 それからトマスに言われた、「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手をのばしてわたしのわきにさし入れてみなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい」。
20:28 トマスはイエスに答えて言った、「わが主よ、わが神よ」。
20:29 イエスは彼に言われた、「あなたはわたしを見たので信じたのか。見ないで信ずる者は、さいわいである」。

教会はイエス様と出会い、イエス様の祝福の招きに応える人々の集まりです。出会いも応答も、人と人との間で行われることです。ですから教会にとって最も大切なことは、イエス様とのつながりと、人と人とのつながりです。

1.人をイエス様の祝福に導く教会
イエス様の復活は、教会にとって罪の救いと天国を約束する、とても大切な出来事です。ところが弟子の一人、トマスは復活のイエス様が現れた場にいませんでした。他の弟子たちはトマスに「わたしたちは主にお目にかかった」(25節)と伝えます。これはトマスにも復活の喜びを得てほしいとの願いからなされたことです。誰もトマスを責めずに受け入れます。自分たちもイエス様から責められず、愛され、受け入れられたからです。

2.復活の生命を共に待ち望む教会
「八日ののち、イエスの弟子たちはまた家の内におり、トマスも一緒にいた」(26節)。イエス様の復活から八日後、トマスは他の弟子たちと一緒にいました。ひとりだけ復活のイエス様にお会いしていないトマスが、イエス様とお会いした弟子たちと一緒にいたことは、他の弟子たちがトマスのために祈り、配慮をしたことがうかがえます。ですから、一人立場の違うトマスが、他の弟子たちと一緒にイエス様との出会いを待ち望むことができたのです。

3.信仰の祝福へ導く教会
「信じない者にならないで、信じる者になりなさい」(27節)。イエス様はトマスが信仰による祝福を得るように導かれます。死にさえ勝利された復活の生命を与えてくださるお方であり、かつわたしたちを愛し、わたしたちの罪のために身代わりに十字架刑を受けられたお方を「わが主よ、わが神よ」と信じることは、どんなにさいわいなことでしょうか。たとえイエス様を見ることができなくても、教会はイエス様の愛と祝福を、死にも勝利する確かな、力あるものとして伝えます。そして集う者一人一人に信じるさいわいをもたらします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください