H28.5.29主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「侮るべきではない神」
聖書の箇所 「使徒 5:1~11」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)

5:1 ところが、アナニヤという人とその妻サッピラとは共に資産を売ったが、
5:2 共謀して、その代金をごまかし、一部だけを持ってきて、使徒たちの足もとに置いた。
5:3 そこで、ペテロが言った、「アナニヤよ、どうしてあなたは、自分の心をサタンに奪われて、聖霊を欺き、地所の代金をごまかしたのか。
5:4 売らずに残しておけば、あなたのものであり、売ってしまっても、あなたの自由になったはずではないか。どうして、こんなことをする気になったのか。あなたは人を欺いたのではなくて、神を欺いたのだ」。
5:5 アナニヤはこの言葉を聞いているうちに、倒れて息が絶えた。このことを伝え聞いた人々は、みな非常なおそれを感じた。
5:6 それから、若者たちが立って、その死体を包み、運び出して葬った。
5:7 三時間ばかりたってから、たまたま彼の妻が、この出来事を知らずに、はいってきた。
5:8 そこで、ペテロが彼女にむかって言った、「あの地所は、これこれの値段で売ったのか。そのとおりか」。彼女は「そうです、その値段です」と答えた。
5:9 ペテロは言った、「あなたがたふたりが、心を合わせて主の御霊を試みるとは、何事であるか。見よ、あなたの夫を葬った人たちの足が、そこの門口にきている。あなたも運び出されるであろう」。
5:10 すると女は、たちまち彼の足もとに倒れて、息が絶えた。そこに若者たちがはいってきて、女が死んでしまっているのを見、それを運び出してその夫のそばに葬った。
5:11 教会全体ならびにこれを伝え聞いた人たちは、みな非常なおそれを感じた。

 教会は麗しい交わりを保ち、「信じた者の群れの中に、乏しい者は一人もいなかった」(34)のです。そこには、自分の持ち物を分かち合う生きた愛のコイノニアがありました。しかし、そこにサタンが入りました。サタンは群れの真実な交わりから浮いていた一組の夫婦の心を足場にして、偽善という肉のわざを用い教会の交わりを内から破壊しようとしたのです。神の民の歴史においても、わずかなすきを狙ってサタンが働きました。(ヨシュア7章) アナニヤとサッピラは、自分の持ち物を売りその代金を使徒の前に置きました。しかし、彼らは共謀して代金のある部分を残し、その一部を全部であるかのように偽ったのです。彼らは神の怒りにふれ直ちに息が絶えました。神のさばきは何と厳しいものでしょう。このきびしい裁きが臨んだ彼らの罪とはどのようなものなのでしょう。

1、聖霊と神を欺く3~4
「自分の心をサタンに奪われ」たというのは、彼らが代金を目の前に欲に目がくらみ、その欲を破れ口としてサタンの力と支配が濁流のように入って、心が悪に満たされ支配されてしまったのです。その時、聖霊が何度も彼らの心に語りかけておられました。しかし、彼らは「主の御霊を試み」(9)聖霊の警告を軽んじ、拒否したのです。アナニヤは聖霊の声を無視し、聖霊に逆らい、聖霊を欺き、サタンの声を受け入れて行為を決断しました。私たちが神様に従って行こうとする時、聖霊は私たちの心に語りかけてくださいます。しかし、サタンも語りかけてきます。私たちの弱さを衝き、肉的な思いを足場にして誘惑し、支配しようとします。そのときこそ、私たちは御霊の声に聴き、御霊に対して全く服従することを決断すべきなのです。そこに祝福に満ちた勝利が与えられます。

2、愛の共同体を欺く33-34
初代教会は、聖霊が働いてひとりも乏しい者がいない愛の交わりをもっていたのですが、その教会のコイノニアを支えていたのは一人一人の他者への配慮、神様の愛でした。アナニヤとサッピラの行ったことは、そのような愛の教会を欺くものでした。神は、人を欺き聖霊を欺くこと、そして、愛の共同体を欺く罪を指摘されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です