H28.4.10主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「信仰への招き」
聖書の箇所 「ヨハネ20:24~29」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
20:24 十二弟子のひとりで、デドモと呼ばれているトマスは、イエスがこられたとき、彼らと一緒にいなかった。
20:25 ほかの弟子たちが、彼に「わたしたちは主にお目にかかった」と言うと、トマスは彼らに言った、「わたしは、その手に釘あとを見、わたしの指をその釘あとにさし入れ、また、わたしの手をそのわきにさし入れてみなければ、決して信じない」。
20:26 八日ののち、イエスの弟子たちはまた家の内におり、トマスも一緒にいた。戸はみな閉ざされていたが、イエスがはいってこられ、中に立って「安かれ」と言われた。
20:27 それからトマスに言われた、「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手をのばしてわたしのわきにさし入れてみなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい」。
20:28 トマスはイエスに答えて言った、「わが主よ、わが神よ」。
20:29 イエスは彼に言われた、「あなたはわたしを見たので信じたのか。見ないで信ずる者は、さいわいである」。

今日のキリストの復活顕現は、信じられなかったトマスが、信じる者とされたものがたりです。

1、信じられなかったトマス
 「トマスは、イエスがこられたとき、彼らと一緒にいなかった。」(24
最初の復活の日曜日の夕がた、復活のキリストは弟子たちの集まりの中にご自身を現されました。しかし、そこにトマスだけはいなかったのです。復活の主を見た弟子たちは喜びと興奮をかくさずトマスに主の復活を語ります。しかし、トマスは、いよいよ頑なになり「自分は信じない」と断言します。そして、主の実体を伴った復活を復活の証拠として求めたのです。主の復活は幻や幻影、霊であってはならない。まさに肉体をもった復活でなければならないと主張しました。主は、これに応え、まさしく実体を持って復活したお体をトマスに示されたのです。トマスの不信は、復活信仰の強力な証となりました。

2、信じる者とされたトマス
 「八日ののち、イエスの弟子たちはまた家のうちにおりトマスも一緒にいた。」(26)
「八日ののち」とは、その日を一日に数える数え方で、1週間後の日曜日です。主は弟子たちの集まり(教会の主日礼拝)に再びご自身を現されました。1週間、不安と孤独と不信の中にいたトマスは、それでも弟子の集まりから離れませんでした。そのトマスに、主は現れてくださいました。トマスは主の前にひれ伏し「わが主よ、わが神よ」(28)と信仰告白をしました。一度は復活を疑った者が、よみがえった主に対して最高の信仰告白を言い表したのです。主はすべての者が、この主の甦りの確かさの中に生きることができるよう招かれます。
「あなたはわたしを見たので信じたのか、見ないで信じる者はさいわいである。」(29)
キリストは、見た人たちの確かな証言を聞いて、見ないで信じる信仰の幸いを語られました。それは、私たちのためです。見ないで信じるさいわいに与りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です