H28.3.13主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「十字架上での祈り」
聖書の箇所 「ルカ23:32~38」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
23:32 さて、イエスと共に刑を受けるために、ほかにふたりの犯罪人も引かれていった。
23:33 されこうべと呼ばれている所に着くと、人々はそこでイエスを十字架につけ、犯罪人たちも、ひとりは右に、ひとりは左に、十字架につけた。
23:34 そのとき、イエスは言われた、「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです」。人々はイエスの着物をくじ引きで分け合った。
23:35 民衆は立って見ていた。役人たちもあざ笑って言った、「彼は他人を救った。もし彼が神のキリスト、選ばれた者であるなら、自分自身を救うがよい」。
23:36 兵卒どももイエスをののしり、近寄ってきて酢いぶどう酒をさし出して言った、
23:37 「あなたがユダヤ人の王なら、自分を救いなさい」。 23:38イエスの上には、「これはユダヤ人の王」と書いた札がかけてあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です