H27.12.20クリスマス礼拝式

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「喜びの知らせ」
聖書の箇所 「ルカ2:8~20」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
2:8 さて、この地方で羊飼たちが夜、野宿しながら羊の群れの番をしていた。
2:9 すると主の御使が現れ、主の栄光が彼らをめぐり照したので、彼らは非常に恐れた。
2:10 御使は言った、「恐れるな。見よ、すべての民に与えられる大きな喜びを、あなたがたに伝える。
2:11 きょうダビデの町に、あなたがたのために救主がお生れになった。このかたこそ主なるキリストである。
2:12 あなたがたは、幼な子が布にくるまって飼葉おけの中に寝かしてあるのを見るであろう。それが、あなたがたに与えられるしるしである」。
2:13  するとたちまち、おびただしい天の軍勢が現れ、御使と一緒になって神をさんびして言った、
2:14 「いと高きところでは、神に栄光があるように、
地の上では、み心にかなう人々に平和があるように」。
2:15 御使たちが彼らを離れて天に帰ったとき、羊飼たちは「さあ、ベツレヘムへ行って、主がお知らせ下さったその出来事を見てこようではないか」と、互に語り合った。
2:16 そして急いで行って、マリヤとヨセフ、また飼葉おけに寝かしてある幼な子を捜しあてた。
2:17 彼らに会った上で、この子について自分たちに告げ知らされた事を、人々に伝えた。
2:18 人々はみな、羊飼たちが話してくれたことを聞いて、不思議に思った。
2:19 しかし、マリヤはこれらの事をことごとく心に留めて、思いめぐらしていた。
2:20 羊飼たちは、見聞きしたことが何もかも自分たちに語られたとおりであったので、神をあがめ、またさんびしながら帰って行った。

ベツレヘムの家畜小屋に低くなって、貧しく生まれられた救い主。その救い主誕生の知らせを聞いて直ちに出かけ、探し当て、礼拝したのは、低くされ卑しくされた、こころの貧しい人たちでした。羊の夜番をしていた彼らの前に、光輝く天使が現れ、あなたがたのため救い主がお生まれになったことを告げます。羊飼いたちは、私たちです、彼らは私たちを代表しています。

1、貧しい者
この羊飼いを、牧歌的で素朴で良い人たちと単純に想像することはできません。彼らもまた問題を抱えた人たちでした。しかし、彼らは確かに貧しい人たち、主イエスが山上の教えに語られた「心の貧しさ」を持つ人(マタイ5・3)、心が飢え渇いていた人たちでした。

2、応答する者
心貧しい者は、聞かされたみ言葉に喜んで応答する人たちです。み使いは「あなたがたのための救い主」と言いました。彼らは、そのお方は私たちの救い主だと信じ受け取めました。「飼い葉桶に寝かされた幼子がしるし」とは、まさしく私たちの救い主であると受け取ったのです。羊飼いに見られる一連の単純、素朴、大胆な信仰と行動は、神のみ言葉に応答する幸いな信仰です。①御使いの知らせを聞き、わたしの救い主であると信じ②聞いたことをすぐ確認するため「急いで行って見てこよう」と行動を起こし③御子を礼拝し、喜びで満たされ神を賛美し④自分たちに語られたこと(出来事)が、何もかもそのとおりだったと喜びをもって伝えたのです。

3、野宿をしている者
御言葉にすぐ応答することが出来た彼らは、野宿生活をしていた人々でした。羊飼いたちは定住の家を持っておらず、「野宿をしている」→「野外を家としている者」でした。地上に宝を持たず、しがらみがない生き方をしていました。その意味で本当の自由人だったのです。信仰に生きる人々は自分の本当家を持ち、その住まいと本国を慕いつつ地上生活をする人たちです。(へブル11・13~16)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です