H27.12.13主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「キリスト誕生の場所」
聖書の箇所 「ルカ2:1~7」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
2:1 そのころ、全世界の人口調査をせよとの勅令が、皇帝アウグストから出た。
2:2 これは、クレニオがシリヤの総督であった時に行われた最初の人口調査であった。
2:3 人々はみな登録をするために、それぞれ自分の町へ帰って行った。
2:4 ヨセフもダビデの家系であり、またその血統であったので、ガリラヤの町ナザレを出て、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。
2:5 それは、すでに身重になっていたいいなづけの妻マリヤと共に、登録をするためであった。
2:6 ところが、彼らがベツレヘムに滞在している間に、マリヤは月が満ちて、
2:7 初子を産み、布にくるんで、飼葉おけの中に寝かせた。客間には彼らのいる余地がなかったからである。

ルカは、キリスト誕生という出来事の事実だけを記します。時代的背景、いきさつ、
そして、誕生です。その日、ダビデの町ベツレヘムの家畜小屋で救い主がお生まれ
になりました。その極めて貧しい誕生は、
「客間には彼らのいる余地がなかった」(7)
と説明されています。その異様な誕生にはさらに大切な意味が込められているのです。

1、「救い主」としての誕生
 家畜小屋での誕生は、カルバリーの十字架の死と直結しています。人々に疎外され、貧しく呪われた者としての誕生と死、それは罪、汚れ、悲惨の中にある人間を救うため、罪と汚れのどん底まで来られ、貧しさの極みまで味わってくださった「救い主」にふさわしい誕生であったと言わざるを得ません。

2、神が人に近づいてくださった誕生
世界の宗教には2種類があります。人間から天(神)に近づく宗教と、神が人間に近づかれる宗教です。罪ある人間はどんなに求めても神に近づくことはできず、ただ、神が人間に近づいてご自身を現わされるほかありません。神は人となり、どんな人にも近づいて救い主となるため生まれられました。

3、低く謙遜なものとなられた誕生 (ピリピ2:6~8)
身分が卑しく低い者は、身分の高い高貴な人に近づくことはできませんが、自分を低くすれば誰でも救い主を拝することができます。神である救い主は、人となり、最も低くなられ、徹底して従う者としての生き方を示されました。

4、隠された誕生、迎えられない誕生
キリストの誕生を多くの人は知りませんでした。それは隠された誕生であっただけでなく、人々の関心がなかったからです。誕生の知らせを受けた人々も、日常の自分の事や生活に忙しくキリストを閉め出しました。クリスマスは、そんな私たちが悔い改めて方向転換し、心と生活の中にキリストをお迎えする時です。赤ちゃんが生まれた日から、その家庭は産まれた子を中心にした生活が始まります。その方はインマヌエルです。主と共なる生活を始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください