H27.5.31主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「退けるべき誘惑」
聖書の箇所 「マタイ4:1~11」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)

4:1 さて、イエスは御霊によって荒野に導かれた。悪魔に試みられるためである。
4:2 そして、四十日四十夜、断食をし、そののち空腹になられた。
4:3 すると試みる者がきて言った、「もしあなたが神の子であるなら、これらの石がパンになるように命じてごらんなさい」。
4:4 イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。
4:5 それから悪魔は、イエスを聖なる都に連れて行き、宮の頂上に立たせて 4:6言った、「もしあなたが神の子であるなら、下へ飛びおりてごらんなさい。
 『神はあなたのために御使たちにお命じになると、
 あなたの足が石に打ちつけられないように、
 彼らはあなたを手でささえるであろう』
と書いてありますから」。
4:7 イエスは彼に言われた、「『主なるあなたの神を試みてはならない』とまた書いてある」。
4:8 次に悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華とを見せて
4:9 言った、「もしあなたが、ひれ伏してわたしを拝むなら、これらのものを皆あなたにあげましょう」。
4:10 するとイエスは彼に言われた、「サタンよ、退け。『主なるあなたの神を拝し、ただ神にのみ仕えよ』と書いてある」。
4:11 そこで、悪魔はイエスを離れ去り、そして、御使たちがみもとにきて仕えた。

 主イエスは公の宣教活動の始め、御霊に導かれて荒野に行かれ、40日の断食をする中で悪魔の試み(誘惑)を受けられました。

1、石をパンに変えて見よ
 空腹を覚え、白い石灰岩の石がパンの塊に見えたその時、サタンの声が聞こえました。「もしあなたが神の子であるなら、これらの石がパンになるように命じてごらんなさい。」飢えに苦しむ人々のため、石をパンに変えれば人々は助かり、地上から飢えを無くすことさえ出来ます。しかし、主はその魅力的な誘惑を拒否され、「人はパンのみによって生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによって生きるのである。」と申命記のみことばを用いられました。このみことばは、イスラエルの民は荒野を40年旅する中、神のことば確かさ(朝毎にマナが降り水が湧き出た)を経験し「人が神のことばによって生きる」ことを知りました。神のみことばに信頼できるなら一切の必要を備えてくださる神を信じ、「まず、神の国と神の義を求めなさい・・」と、<神第一>で生きることが出来ます。

2、宮の頂上から飛び降りて見よ
 エルサレム神殿の屋根から飛び降りて見よという誘惑です。奇跡を見せつけることにより、人々は主を神の子として認め、崇め、従うようになると言い、それは、神のことばにも合致していると説得するのです。主は、この誘惑も拒否されました。人は決して奇蹟で救われません。真の救いは、自分の罪を知り、神の前に悔い改め、主の十字架の贖いに信頼する以外にありません。そこには、神のことばを自分勝手に読み解釈することへの戒めもあります。

3、私を拝むなら、全世界の栄華を与えよう
 「悔い改め、主を信頼する」ことは、真の神以外の何ものをも頼まず、神のみこころに生きることです。悪魔はまるで自分がこの世の所有者であるかのごとく振舞います(ヨハネ12・31、エペソ2・2)があくまで神の許容の中にあります。現実に目を奪われ真の主権者を見間違うことがないように。

「サタンよ、退け。『主なるあなたの神を拝し、ただ神にのみ仕えよ』と書いてある」。 マタイ4:10

プログラム 時間 音声
前奏 0:30

賛美:天地(あめつち)こぞりて 0:43

交読16 詩篇42篇 2:02

主の祈り 0:51

使徒信条 1:06

賛美140: 天つみ使いよ

3:26

聖書 マタイ4:1~11 2:17

賛美248:人生の海の嵐 3:24

説教:避けるべき誘惑

10:00

10:00

10:00

10:00

10:00

11:47

賛美458:光の高地に 4:56

感謝の祈り 1:18

頌栄63: 父御子御霊の 1:34

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です