H27.5.3主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「サムソン」
聖書の箇所 「士師16:4~6、15~22
」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
16:4 この後、サムソンはソレクの谷にいるデリラという女を愛した。
16:5 ペリシテびとの君たちはその女のところにきて言った、「あなたはサムソンを説きすすめて、彼の大力はどこにあるのか、またわれ われはどうすれば彼に勝って、彼を縛り苦しめることができるかを見つけなさい。そうすればわれわれはおのおの銀千百枚ずつをあなたにさしあげましょう」。
16:6 そこでデリラはサムソンに言った、「あなたの大力はどこにあるのか、またどうすればあなたを縛って苦しめることができるか、どうぞわたしに聞かせてください」。

16:15 そこで女はサムソンに言った、「あなたの心がわたしを離れているのに、どうして『おまえを愛する』と言うことができますか。あなたはすでに三度もわたしを欺き、あなたの大力がどこにあるかをわたしに告げませんでした」。
16:16 女は毎日その言葉をもって彼に迫り促したので、彼の魂は死ぬばかりに苦しんだ。 16:17 彼はついにその心をことごとく打ち明けて女に言った、「わたしの頭にはかみそりを当てたことがありません。わたしは生れた時から神にささげられたナジルびとだからです。もし髪をそり落されたなら、わたしの力は去って弱くなり、ほかの人のようになるでしょう」。
16:18 デリラはサムソンがその心をことごとく打ち明けたのを見、人をつかわしてペリシテびとの君たちを呼んで言った、「サムソンはその心をことごとくわたしに打ち明けましたから、今度こそ上っておいでなさい」。そこでペリシテびとの君たちは、銀を携えて女のもとに上ってきた。
16:19 女は自分のひざの上にサムソンを眠らせ、人を呼んで髪の毛、七ふさをそり落させ、彼を苦しめ始めたが、その力は彼を去っていた。
16:20 そして女が「サムソンよ、ペリシテびとがあなたに迫っています」と言ったので、彼は目をさまして言った、「わたしはいつものように出て行って、からだをゆすろう」。彼は主が自分を去られたことを知らなかった。
16:21 そこでペリシテびとは彼を捕えて、両眼をえぐり、ガザに引いて行って、青銅の足かせをかけて彼をつないだ。こうしてサムソンは獄屋の中で、うすをひいていたが、
16:22 その髪の毛はそり落された後、ふたたび伸び始めた。

 ペリシテの支配に苦しむ民を救うため、神は新しい士師、怪力サムソンを誕生させられます。

1、神の霊を注がれたナジル人
 主の霊が彼に降って怪力を発揮し、ペリシテ人を圧迫しました。聖書に彼の武勇伝が記されています。若い獅子を子ヤギを引き裂くように引き裂き、手足を縛られた綱を火のついた亜麻糸のように一瞬で解き落とし、ろばの顎骨でペリシテ人千人を打ち殺しました。彼の恐るべき怪力には秘密がありました。「主の霊が激しくサムソンの上に下った」 サムソンは母の胎内から神へのナジル人でした。「ナジル人」とは神に聖別されささげられた者の意味です。バプテスマのヨハネは生涯のナジル人で、最大のナジル人はイエス・キリストご自身です。主は人間が持つ可能性をその極みまで体験し、私たちの人生の完璧なモデルとなられました。さらに、御霊を宿すクリスチャンはだれでも、神のナジル人です。私たちも、自分の罪や弱さに失望するだけでなく、神のナジル人として神の御心に生き、自らを神にささげ、聖霊に満たされ与えられた可能性を十分発揮し積極的に神に仕える者となるべきです。

2、サムソンの失敗
 神の賜物を受けた者は、それにふさわしい用い方や生活があります。しかし、彼は神の賜物に無頓着で、正しく管理し、きよく用いることに失敗しました。サムソンの女性を愛する奔放な生き方は神の栄光を汚し、人々に混乱をもたらせ、やがて無残で惨めな敗北者となりました。サムソンは神の霊によって人間の無限の可能性を発揮した人物ですが、また、その尊い賜物を用いることに失敗して神の聖別を失う悲劇を経験した人物です。サムソンの経験は、万人共通です。禁断の木の実を食べたアダム、バテシバと罪に陥ったダビデ、主を否んだペテロも、みな髪の毛をそり落とされた経験をしたのです。

3、悔い改めと回復の素晴らしさ
 「しかし、サムソンの頭の毛はそり落とされてから、また伸び始めた。」(16:22) 彼は牢獄の中で臼を引きながら、今までの行いを心から悔いました。そして、再び彼の髪の毛が伸びきったとき、彼の悔い改めは完了し、彼は再び神の力に満たされました。彼の最後は、これまで以上の働きをしたのです。悔い改めを通して、神から新しい力を受けましょう。

わたしは生まれた時から神にささげられたナジルびとだからです。   士師記 16:17

プログラム 時間 音声
前奏 0:44

賛美:天地(あめつち)こぞりて 0:40

交読13 詩篇34 1:32

主の祈り 0:53

使徒信条 1:07

賛美20: ガリラヤの風かおる丘で

2:12

聖書 士師16:4~6、15~22 3:03

賛美:136 御霊よ降りて 2:57

説教:サムソン

10:00

10:00

10:00

10:00

 4:05

聖餐式 49:しみも咎も 3:00

賛美385:主よ終りまで

2:41

感謝の祈り 1:22

頌栄63: 父御子御霊の 1:25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です