H27.4.19主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「勇士として立つ

聖書の箇所 「士師記6:7~16
」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)

6:7 イスラエルの人々がミデアンびとのゆえに、主に呼ばわったとき、 
6:8 主はひとりの預言者をイスラエルの人々につかわして彼らに言われた、「イスラエルの神、主はこう言われる、『わたしはかつてあなたがたをエジプトから導き上り、あなたがたを奴隷の家から携え出し、 
6:9 エジプトびとの手およびすべてあなたがたをしえたげる者の手から救い出し、あなたがたの前から彼らを追い払って、その国をあなたがたに与えた。 
6:10 そしてあなたがたに言った、「わたしはあなたがたの神、主である。あなたがたが住んでいる国のアモリびとの神々を恐れてはならない」と。しかし、あなたがたはわたしの言葉に従わなかった』」。
6:11 さて主の使がきて、アビエゼルびとヨアシに属するオフラにあるテレビンの木の下に座した。時にヨアシの子ギデオンはミデアンびとの目を避けるために酒ぶねの中で麦を打っていたが、
6:12主の使は彼に現れて言った、「大勇士よ、主はあなたと共におられます」。
 6:13ギデオンは言った、「ああ、君よ、主がわたしたちと共におられるならば、どうしてこれらの事がわたしたちに臨んだのでしょう。わたしたちの先祖が『主はわれわれをエジプトから導き上られたではないか』といって、わたしたちに告げたそのすべての不思議なみわざはどこにありますか。今、主はわたしたちを捨てて、ミデアンびとの手にわたされました」。
 6:14主はふり向いて彼に言われた、「あなたはこのあなたの力をもって行って、ミデアンびとの手からイスラエルを救い出しなさい。わたしがあなたをつかわすのではありませんか」。 
6:15ギデオンは主に言った、「ああ主よ、わたしはどうしてイスラエルを救うことができましょうか。わたしの氏族はマナセのうちで最も弱いものです。わたしはまたわたしの父の家族のうちで最も小さいものです」。
 6:16主は言われた、「しかし、わたしがあなたと共におるから、ひとりを撃つようにミデアンびとを撃つことができるでしょう」。

 ギデオンは旧約聖書の「士師記」に登場します。当時のイスラエルは各部族が独立して住み、外敵の攻撃に弱く、しばしば近隣異民族の来襲を受けました。それは、イスラエルが堕落した時に起こりました。民が悔い改めて神に祈った時、神からの解放者が与えられました。それが「士師」です。当時、ミデアン人が毎年収穫時に大挙して襲って来て、収穫を奪い国民は衰えました。民は神に向かって叫びました。その時、神は一人の士師を召して遣わされたのです。それがヨアシの子「ギデオン」でした。

1、ギデオン…臆病者(11~13)
 ギデオンはミデアン人から隠れて収穫の麦打ちをしていました。主の使いはギデオンに現れ、いきなり「大勇士よ、主はあなたと共におられます」と語りました。これは、ギデオンにとって何か悪い冗談を言われたように聞こえました。ミデアン人を恐れ、隠れて収穫の麦を脱穀しているような私が、どうして「大勇士」であり得るだろうか・・。彼はくどくど弁解し、自分は小さく弱い者であるからと言いました。この時のギデオンは、極めて自己像の低い消極的な人物でした。

2、臆病者を大勇士に変えられる神(14~16)
 ギデオンを選び、イスラエルの救済者として召された神は、臆病者を大勇士に変貌させる力を持っておられます。「わたしがあなたを遣わすのではありませんか。」、「わたしはあなたと共におる」と約束されます。主イエスは、ガリラヤの漁師ペテロをご覧になり、「あなたはヨハネの子シモンである。あなたをケパ(訳せばペテロ)と呼ぶことにする。」と言われたのです。(ヨハネ1・42) 主は、直情的で不安定、欠点の多いシモンに目を留め、わたしはあなたをペテロ(不動の大岩)と呼ぶことにすると言われました。生まれつきのシモンと後の大使徒ペテロとの差は大きいのです。しかし、主はそのギャップを埋め、実質の伴った大使徒、教会の礎としてくださいました。「大勇士よ、主が共におられる」 主が共におられるから、臆病者が勇士となることが出来るのです。今日、主は私たちと共におられ、教会と共におられます。

勇士よ、主はあなたと共におられます。  士師6:12

プログラム 時間 音声
前奏 0:55

賛美:天地(あめつち)こぞりて 0:45

交読11 詩篇32 1:53

主の祈り 0:44

使徒信条 1:14

賛美27: 来る朝ごとに

3:13

聖書 士師記6:7~16 3:07

賛美:486 雄々しくあれ 2:15

説教:勇士として立つ

10:00

10:00

10:00

10:00

12:43

賛美280:神はわがやぐら

4:25

感謝の祈り 2:53

頌栄63: 父御子御霊の 1:45

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です