H27.1.11主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「約束の地」
聖書の箇所 「ヨシュア記3:1~17」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)

3:1 ヨシュアは朝早く起き、イスラエルの人々すべてとともにシッテムを出立して、ヨルダンに行き、それを渡らずに、そこに宿った。
3:2 三日の後、つかさたちは宿営の中を行き巡り、
3:3 民に命じて言った、「レビびとである祭司たちが、あなたがたの神、主の契約の箱をかきあげるのを見るならば、あなたがたはその所を出立して、そのあとに従わなければならない。
3:4 そうすれば、あなたがたは行くべき道を知ることができるであろう。あなたがたは前にこの道をとおったことがないからである。しかし、あなたがたと箱との間には、おおよそ二千キュビトの距離をおかなければならない。それに近づいてはならない」。
3:5 ヨシュアはまた民に言った、「あなたがたは身を清めなさい。あす、主があなたがたのうちに不思議を行われるからである」。
3:6 ヨシュアは祭司たちに言った、「契約の箱をかき、民に先立って渡りなさい」。そこで彼らは契約の箱をかき、民に先立って進んだ。
3:7 主はヨシュアに言われた、「きょうからわたしはすべてのイスラエルの前にあなたを尊い者とするであろう。こうしてわたしがモーセと共にいたように、あなたとともにおることを彼らに知らせるであろう。
3:8 あなたは契約の箱をかく祭司たちに命じて言わなければならない、『あなたがたは、ヨルダンの水ぎわへ行くと、すぐ、ヨルダンの中に立ちとどまらなければならない』」。
3:9 ヨシュアはイスラエルの人々に言った、「あなたがたはここに近づいて、あなたがたの神、主の言葉を聞きなさい」。
3:10 そしてヨシュアは言った、「生ける神があなたがたのうちにおいでになり、あなたがたの前から、カナンびと、ヘテびと、ヒビびと、ペリジびと、ギルガシびと、アモリびと、エブスびとを、必ず追い払われることを、次のことによって、あなたがたは知るであろう。
3:11 ごらんなさい。全地の主の契約の箱は、あなたがたに先立ってヨルダンを渡ろうとしている。
3:12 それゆえ、今、イスラエルの部族のうちから、部族ごとにひとりずつ、合わせて十二人を選びなさい。
3:13 全地の主なる神の箱をかく祭司たちの足の裏が、ヨルダンの水の中に踏みとどまる時、ヨルダンの水は流れをせきとめられ、上から流れくだる水はとどまって、うず高くなるであろう」。
3:14 こうして民はヨルダンを渡ろうとして天幕をいで立ち、祭司たちは契約の箱をかき、民に先立って行ったが、
3:15 箱をかく者がヨルダンにきて、箱をかく祭司たちの足が水ぎわにひたると同時に、――ヨルダンは刈入れの間中、岸一面にあふれるのであるが、――
3:16 上から流れくだる水はとどまって、はるか遠くのザレタンのかたわらにある町アダムのあたりで、うず高く立ち、アラバの海すなわち塩の海の方に流れくだる水は全くせきとめられたので、民はエリコに向かって渡った。
3:17 すべてのイスラエルが、かわいた地を渡って行く間、主の契約の箱をかく祭司たちは、ヨルダンの中のかわいた地に立っていた。そしてついに民はみなヨルダンを渡り終った。

 ヨシュア記3章は、イスラエルの民が約束の地を前にヨルダン川を渡った出来事の記録です。これは、神のイスラエルの救いの歴史において重大な出来事であり、ついに、神の民は先祖に約束されていた地、乳と蜜の流れる地に入り、その地を占領していくのです。これは、神がイスラエルをエジプトの奴隷から救い出され、さらに、約束の地に導き入れるという一連の神の救いご計画でした。今の理解で言うなら、神様は私たちを世と罪の奴隷から救い出されたのは、救われた者がこれから自由好きなように生きていくのではなく、さらに「乳と蜜の流れる地に導き入れられ、その地を獲得して神の国としていく」ことを救いの目的として救われたのであるという事です。私たちは救われ、地上生涯を全うして完全に勝ち抜いて、神の国・永遠のいのちを獲得するよう召されているのです。イスラエルにとって、約束の地に入る最後の難関がこのヨルダン川です。これを渡らなければ、約束の国、約束の地に入ることは出来ません。彼らは、この難関をどのように乗り越えたのでしょうか。

1、神が共におられることの確信(7)
 ここまで導かれた神の臨在が、今もこれからも共にあるとの確信です。ここまで来られたのは「見捨てることも、見離すこともない」と言われる神が共におられたからです。その神は、今この時も共におられ、共に行かれるとの確信です。

2、身をきよめる(5)
 神の臨在信仰を妨げるすべてのものをきっぱり捨て去ります。(イザヤ59:1~2) 

3、みことばに従って一歩踏み出す(3、15)
 水の満ちた川に一歩足を踏み入れた時ヨルダンは堰き止められました。信仰の一歩を大胆に踏み出す勇気が必要です。この年、信仰による戦いをなし、豊かな神の国、いのちを獲得していきましょう。

ついに民はみなヨルダンを渡り終った。  ヨシュア3:17

プログラム 時間 音声
前奏 0:34

賛美:天地(あめつち)こぞりて 0:44

交読:2 詩篇8篇 1:16

主の祈り 0:52

使徒信条 1:06

賛美4: 子羊をば

3:05

聖書 ヨシュア3:1~17 5:39

賛美:297 神はわが力 2:13

説教:約束の地

10:00

10:00

10:00

10:00

10:00

 9:13

賛美300:御恵み豊けき 3:28

感謝の祈り 2:01

頌栄63: 父御子御霊の 1:37

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です