H26.12.14主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「ヨセフへの告知」
聖書の箇所 「マタイ1:18~25」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)

1:18 イエス・キリストの誕生の次第はこうであった。母マリヤはヨセフと婚約していたが、まだ一緒にならない前に、聖霊によって身重になった。
1:19 夫ヨセフは正しい人であったので、彼女のことが公けになることを好まず、ひそかに離縁しようと決心した。
1:20 彼がこのことを思いめぐらしていたとき、主の使が夢に現れて言った、「ダビデの子ヨセフよ、心配しないでマリヤを妻として迎えるがよい。その胎内に宿っているものは聖霊によるのである。
1:21 彼女は男の子を産むであろう。その名をイエスと名づけなさい。彼は、おのれの民をそのもろもろの罪から救う者となるからである」。
1:22 すべてこれらのことが起ったのは、主が預言者によって言われたことの成就するためである。すなわち、
1:23 「見よ、おとめがみごもって男の子を産むであろう。
その名はインマヌエルと呼ばれるであろう」。
これは、「神われらと共にいます」という意味である。
1:24 ヨセフは眠りからさめた後に、主の使が命じたとおりに、マリヤを妻に迎えた。
1:25 しかし、子が生れるまでは、彼女を知ることはなかった。そして、その子をイエスと名づけた。

 【救い主の誕生の次第】(18)ヨセフは、婚約していたマリヤが身重であると聞いて愕然とします。まさか、しかし、すでに身重のマリヤの体は動かしがたい事実で、マリヤは何も語りません。ヨセフは正しい(神の前に律法的に正しい)人でした。律法に従うなら、不義を働いたマリヤを訴え自分の潔白を証明すべきです。しかし、ヨセフは、優しい心を持つ人でした。自分を裏切ったマリヤを律法通りにして、マリアをさらしものにしたくありません。神の律法において正しく、人への愛と優しさを持つヨセフの苦悩がここにあります。どうしても、律法を超える解決が必要でした。しかし、ヨセフの苦しみの背後には、人知ではとうてい計り知れない神のご計画があったのです。その夜、ヨセフが思いを巡らす中、主の御使いが現れ、マリヤの体内に宿っているものは「聖霊による」ことを告げ、生まれる子の名を「イエス」(主は救い)と名付けるよう言いました。

その幼子は、やがて「おのれの民をそのもろもろの罪から救う者となるからである」と告げたのです。このお方は、親の願いから生まれたのでなく、人々の期待を受けて救い主になるのでもなく、神によって生まれるのです。それは、この救い主の生まれ方が、人間とは全く異なった生まれ方をするということによって明らかです。

【聖霊によって】(18,20) このお方は人間の系図の中に生まれましたが(16)「聖霊によって」生まれたお方です。人として生まれ、かつ、罪のないお方の誕生です。

①このお方は、罪からの救い主です(21)
 系図には罪が見え隠れしています。聖霊による誕生は、罪から救うため罪と無縁の方が罪の世に生まれる特別手段でした。

②神、我らと共にいます(23)
 罪から救われた者は神との関係が回復され、神と交わり、神が共におられることを喜ぶ者へと変えられます。「罪」とは、神を忘れ、神を後回しにし自分の思いを貫く生き方です。キリストの救いは、私たちを神のもとに立ち返らせ、神との正しい関係に導き、神と交わり、神を喜び、神と共に歩む幸いに生きるためです。

彼は、おのれの民をそのもろもろの罪から救う者となるからである。  マタイ1:21

プログラム 時間 音声
聖書 マタイ1:18~25 2:08

説教:ヨセフへの告知

10:00

10:00

10:00

10:00

 5:30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です