H26.11.30主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「インマヌエル預言」
聖書の箇所 「イザヤ7:1~17」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)

7:1 ユダの王、ウジヤの子ヨタム、その子アハズの時、スリヤの王レヂンとレマリヤの子であるイスラエルの王ペカとが上ってきて、エルサレムを攻めたが勝つことができなかった。
7:2 時に「スリヤがエフライムと同盟している」とダビデの家に告げる者があったので、王の心と民の心とは風に動かされる林の木のように動揺した。
7:3 その時、主はイザヤに言われた、「今、あなたとあなたの子シャル・ヤシュブと共に出て行って、布さらしの野へ行く大路に沿う上の池の水道の端でアハズに会い、
7:4 彼に言いなさい、『気をつけて、静かにし、恐れてはならない。レヂンとスリヤおよびレマリヤの子が激しく怒っても、これら二つの燃え残りのくすぶっている切り株のゆえに心を弱くしてはならない。
7:5 スリヤはエフライムおよびレマリヤの子と共にあなたにむかって悪い事を企てて言う、
7:6 「われわれはユダに攻め上って、これを脅し、われわれのためにこれを破り取り、タビエルの子をそこの王にしよう」と。
7:7 主なる神はこう言われる、この事は決して行われない、また起ることはない。7:8 スリヤのかしらはダマスコ、ダマスコのかしらはレヂンである。(六十五年のうちにエフライムは敗れて、国をなさないようになる。)
7:9 エフライムのかしらはサマリヤ、サマリヤのかしらはレマリヤの子である。もしあなたがたが信じないならば、立つことはできない』」。
7:10 主は再びアハズに告げて言われた、
7:11 「あなたの神、主に一つのしるしを求めよ、陰府のように深い所に、あるいは天のように高い所に求めよ」。
7:12 しかしアハズは言った、「わたしはそれを求めて、主を試みることをいたしません」。
7:13 そこでイザヤは言った、「ダビデの家よ、聞け。あなたがたは人を煩わすことを小さい事とし、またわが神をも煩わそうとするのか。
7:14 それゆえ、主はみずから一つのしるしをあなたがたに与えられる。見よ、おとめがみごもって男の子を産む。その名はインマヌエルととなえられる。
7:15 その子が悪を捨て、善を選ぶことを知るころになって、凝乳と、蜂蜜とを食べる。
7:16 それはこの子が悪を捨て、善を選ぶことを知る前に、あなたが恐れているふたりの王の地は捨てられるからである。
7:17 主はエフライムがユダから分れた時からこのかた、臨んだことのないような日をあなたと、あなたの民と、あなたの父の家とに臨ませられる。それはアッスリヤの王である」。

 イザヤ書の有名なキリストの誕生を預言した箇所です。イザヤは、キリストがお生まれになる700年前に、南王国ユダにおいて活躍した人物です。マタイは、イザヤ書7章の預言を引用し、キリストの誕生こそイザヤが語った「インマヌエル預言」の成就であったと語りました。(マタイ1:23)神の救いのご計画は、遠大な人間の歴史を貫き確実に成就・実現していくものであることを確信させられます。

1、インマヌエルとは(マタイ1:23) 神、われらとともにいますということです。生まれる救い主の名前ではなく、生まれる救い主によって「神は、われらと共にいますお方となってくださった」ということです。歴史上、2000年前のユダヤのベツレヘムのキリスト誕生は、神が人となって地上に宿られた「受肉」の出来事でした。

2、「インマヌエル」とは、私たちの「救い」そのものです キリストの十字架と復活によって私たちは罪と死と滅びから救われ、昇天、着座された主から遣わされたご聖霊を受けることによって、神が私たちの内に、私たちと共にいますお方となってくださいました。
①聖霊によって、神はインマヌエルの神となって私たちと共におられます
 私たちの経験においておぼろげに、ときにあざやかに、しかし、みことばにより信仰により確実に私たちの内におられるインマヌエルの神です。私たちが生きるのも死ぬのも、この主と共に生き、この主と共に死ぬのです。主に結び合された者としての生き死にが約束されています。
②2~3人、主の名によって集まるところに、共におられるお方です(マタイ18:20
 礼拝、聖餐祈祷会、家庭礼拝等、主にある交わりを通し主が仰がれるところ、主が共にいます。また、神の民が愛し合う所に神が共におられるのです。(1ヨハネ4:12)
③宣教に使わされ生きるところに、主は共におられます。(マタイ28:20)
 今日の宣教は<神・罪・救い>を語るだけでなく、アガペーの愛で励まされ、愛の業として隣人に仕えて生きることです。クリスチャン生涯は、始めも終わりもインマヌエルなる主がおられるのです。

見よ、おとめがみごもって男の子を産む。その名はインマヌエルととなえられる。 イザヤ7:14

プログラム 時間 音声
前奏 0:43

賛美:天地(あめつち)こぞりて 0:43

交読:36 詩篇116 1:53

主の祈り 0:54

使徒信条 1:10

賛美68 久しく待ちにし

3:26

聖書 イザヤ7:1~17 3:22

賛美70: 朝日は昇りて 3:13

説教:インマヌエル預言

10:00

10:00

10:00

10:00

10:36

賛美69:エサイの根より 2:45

感謝の祈り 4:12

頌栄63: 父御子御霊の 1:37

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です