H26.3.30主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「我は復活のキリストを信ず
聖書の箇所  「1コリント15:12~20」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)

15:12 さて、キリストは死人の中からよみがえったのだと宣べ伝えられているのに、あなたがたの中のある者が、死人の復活などはないと言っているのは、どうしたことか。
15:13 もし死人の復活がないならば、キリストもよみがえらなかったであろう。
15:14 もしキリストがよみがえらなかったとしたら、わたしたちの宣教はむなしく、あなたがたの信仰もまたむなしい。
15:15 すると、わたしたちは神にそむく偽証人にさえなるわけだ。なぜなら、万一死人がよみがえらないとしたら、わたしたちは神が実際よみがえらせなかったはずのキリストを、よみがえらせたと言って、神に反するあかしを立てたことになるからである。
15:16 もし死人がよみがえらないなら、キリストもよみがえらなかったであろう。
15:17 もしキリストがよみがえらなかったとすれば、あなたがたの信仰は空虚なものとなり、あなたがたは、いまなお罪の中にいることになろう。
15:18 そうだとすると、キリストにあって眠った者たちは、滅んでしまったのである。
15:19 もしわたしたちが、この世の生活でキリストにあって単なる望みをいだいているだけだとすれば、わたしたちは、すべての人の中で最もあわれむべき存在となる。
15:20 しかし事実、キリストは眠っている者の初穂として、死人の中からよみがえったのである。

 わたしにとっては、生きることはキリストであり、死ぬことは益である。 ピリピ1:21
「しかし、今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。」Iコリント15:20
 キリストは十字架で死なれ、そのご遺体はヨセフの手によって墓に葬られました。そして、陰府(ハデス・死者の世界)に下り、そこをパラダイス(安息と慰めの場所)とされました。 さらに、キリストは復活されたのです。

1、死のとげは抜かれた
 御子はいつまでも死と陰府(よみ)に支配されておられたのではありません。死と陰府を打ち破り、命と力とに満ちて復活されました。キリストがハデスに下られたのは最後の敵、死を滅ぼす(15:26)ためでした。キリストは、十字架に死ぬことにより私たちの罪の代償を支払われ、死の世界から復活することにより私たちの死を勝利にのみこみ、<死のとげ>を抜き取ってくださったのです。
「死よ、おまえの勝利は、どこにあるのか。死よ。おまえのとげは、どこにあるのか」。(15:55)
死の現実はなお消えていません。そこにあります。死は急に襲いかかってきます。 しかし、主は、ご自分の死をもってすでに死のとげを奪い、その力をもって死の現実をくつがえしてくださったのです。クリスチャンの死は、全く変えられてしまいました。

2、復活の主と出会う
 キリストは、死を打ち破って復活し、<死のとげ>を完全に抜かれただけでなく、復活された主は、今、生きておられ、私たちと出会ってくださいます。 聖書の中で、繰り返し、復活の主が弟子だちと出会っている出来事が記されています。それは、多くの証人の証言により、復活が事実であることを歴史的に実証するためです。 さらに、復活のキリストが今も生きておられ、私たちに語りかけて、触れ、共にいてくださるためです。これこそ、私たちがキリストの復活を告白する大きな意義です。
墓に向かって泣いているマリヤに(ヨハネ20:16〉、不信のトマスに(ヨハネ20:27)、落胆のエマオの2人の弟子に(ルカ24:13~)、主を否んだペテロに(ヨハネ21:15)、迫害者パウロにも、(使徒26:14) そして、私たちにも、ご自身を明らかにして知らせてくださるのです。

「我は復活のキリストを信ず 1コリント15:20

プログラム 時間 音声
前奏 0:38

賛美:天地(あめつち)こぞりて 0:43

交読10: 詩篇31篇 1:40

主の祈り 0:52

使徒信条 1:11

賛美19: 救いをなし給う 3:04

聖書 1コリント15:12~20 1:17

賛美102: 主は命を

2:51

 

説教:
我は死復活のキリストを信ず

10:00

10:00

10:00

10:00

10:00

  7:19

賛美257: キリストは生きておられる 4:05

頌栄63: 父御子御霊の 1:35

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です